topimage

2017-10

美瑛観光が本日の目玉 - 2016.07.22 Fri

文字色美瑛観光が本日の目玉

7月22日、晴れ。

 美深の道の駅で目覚めると、日の出の早い北海道では太陽は高く上がっていた。この良い天気は終日にわたって続いた。日中は気温が高くなるのは名古屋でも北海道でも変わらず、午後になると暑く、本日は27、8度(摂氏)まで気温は上がったらしい。こうなると、薄っすらと汗はかくが、日陰に入ると汗もすっと引いてしまう。こうして汗が引くと、肌は元のサラサラに戻ってしまう。1度汗をかくとジトッとした肌になる名古屋との違いである。
 話を本筋に戻す。
 前夜、月曜日に天売島ならびに焼尻島に渡る計画を話すと、「初山別に3日も居続けるの? 飽きてしまわない?」と姫君から異議が出される。
 それなら道の駅回りを終えてからでも構わないので、それを先に済ませることで意見が一致する。
 このため、本日は道の駅回りに費やすことにして、手始めに音威子府(おといねっぷ)村の道の駅『おといねっぷ』、中川町の道の駅『なかがわ』を回る。これで北のほうは全部済ませたことになるので、南へ転進することになる。
 これには内陸部の道を採るか、日本海側のオロロンラインでいくかの2つの選択肢がある。
 当初、私は後者で行こうと考えてカーナビを秩父別(ちっぷべつ)町の道の駅に合わせていたが、カーナビは前者を進めてきた。私の選択が合理的だと思ったが、カーナビに任せてみることにした。
 これだと名寄市へ行くので、昨日にきた道をそのまま引き返すことになるが、私が考えたルートでも同じことである。一筆書きでは回れないので、何処かでこのようになることは避けられない宿命だ。
 国道40号を走っていると、カーナビは旭川市へ行こうとしていることが分かり、それなら旭川周辺を先に済ますことに、急遽、予定を変更する。
 そして、当麻町の道の駅『とうま』、東川町の道の駅『ひがしかわ道草館』、次は旭川市の道の駅『あさひかわ』を済まし、そして美瑛町を本日の最終地とした。
 美瑛町に入ると、最初に『せぶるの丘』が目に入ったので、ここに立ち寄る。
 ここは、広大な丘の斜面に四季を彩る巨大な花畑が造られている。来園者は、これを外から眺めるのもよし、バギー車を自分で運転して回るのもよし、馬車の代わりの遊覧カートに乗って見物するのもよしというように老若男女、総てを対象にした花の遊園地といった所である。
 ここの展望台からは、ケンとメリーの木が見えていたので、ここにも行ってみた。
 ケンとメリーの木とは、かっての日産自動車の名車、スカイラインの広告に使われた背景の木のことだ。このコマーシャルが有名になったせいか、もともと車の愛称がそうであったかは知らないが、ある年代のスカイラインがケンメリと呼ばれていたことは、こういうことに疎い私でも記憶に残っている。
 木自体は何処にでもある木であるが、この近くにヨーロッパの田舎にあるようなレストランがあり、また、ちょうどソバの花が盛りであったことから、前回、訪れたときよりはいい絵になっていた。
 この次は案内標識に導かれてマイルドセブンの丘へ行く。
 以前、ここを訪れたとき、小麦が褐色に色よく染まっていたが、今年は何色が前景の色になっているだろうという期待はあったが、作付が年によって変わるわけでもなく、同じ光景が広がっているだけだった。
 次は、どこにしようかと思案するが、直ちには思いつかない。
 仕方がないので、居合わせた観光客に聞くことにする。「あなた方は次にどこへ行かれますか」と尋ねてみると、手を振って「イングリッシュ……」との答えが返ってきた。
 彼らは外国人であった。かように北海道は外国人で溢れかえっている。観光バスはいうに及ばず、個人でレンタカーを借りて回る人も多いようだ。
 結局、行くところがなく、美瑛町の道の駅『びえい丘のくら』で本日の行動は終了した。
 行動は終了したと書いたが、スタンプ集めが終わったという意味で、ここに泊まったわけではない。
 ここの駐車場は狭い上に道内有数の観光地で観光客も多いことから、何時も駐車場は満車である。このため、他の道の駅に比べると喧騒なこともあって、最近、ここに泊まることは殆どない。泊まるのは、ここから線路を挟んだ西側に位置する駐車公園が定宿のようになっている。
 本日の走行距離は272Km。累積走行距離は4459Kmになった。
0 07_22 美瑛ケンメリの木
  《美瑛名所、ケンとメリーの木》

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/989-93570f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スピードガンに引掛る «  | BLOG TOP |  » 道の駅回りに明け暮れ

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (17)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する