topimage

2017-10

釧路湿原には収穫なし - 2016.07.12 Tue

7月12日、快晴。気温も高く28、9度になった模様。

 昨日の浦幌町の道の駅『うらほろ』で十勝地区を終了。本日より釧路および根室地区に入ることになった。
 先ずは、白糠町の道の駅『しらぬか恋問』を目指すが、ここで失敗を犯してしまう。
 浦幌町から白糠町の間は自動車道が開通していたのを知らなかったことだ。これが分かってみると、昨日の奇妙な出来事も理解できた。昨日、本別町から浦幌町へ出るとき、カーナビは私が予想していたルートを大きく逸脱して本別ICへ誘導して、これに乗るように促したが、無料の道とは知らないので、これを無視して本別の街中まで戻って一般道を通ったが、このとき、カーナビの指示に従えばよかったのだ。
 北海道に初めてきた2010年には有料道路には1度も乗り入れたことがなかった。第一、このような道路で無料の区間があるとは考えも及ばなかったからだ。でも、北海道の道に慣れてくると、この区間は有料か、無料かが分かるようになり、ボツボツと無料区間を使用するようになり、今ではこういう場合には何だか損をしたような気分になる。変われば、変わったものだと自分でも思う。
 国道38号を走って、道の駅『しらぬか恋問』でスタンプを集める。
 次は順番でいけば阿寒町の道の駅『阿寒丹頂の里』だが、ここは本日の最後にしたい。というのは、ここに無料で入ることのできる風呂があるからだ。
 このため、釧路湿原を最初に回ることにして、釧路の湿原展望台に行く。ここには2時間弱で一回りできる遊歩道があり、この遊歩道沿いには花も咲いているので、今回もまた1周することにする。
 この遊歩道には木道が敷設してあって歩き易くできているが、アップダウンが多いので、そう手放しで歓迎するわけにもいかない。加えて、花もほとんどなかった。目に付いた花はというと、キフネツリ、ダイコンソウくらいあった。この面ではくたびれ儲けという結果に終わる。
 次に訪れたのは、湿原展望台からさほど離れていない所にある鶴居の温根内ビジターセンターだった。ここは湿性植物が咲くので有名で、以前、私たちも訪れて多くの成果を上げている。このため、期待度は高かったが、結果は無残なものに終わった。今年は雪が少なかったせいか、この季節に咲く花は既に終わってしまっていた。
 ちなみに、ビジターセンターは、現在、建て替え工事が始まっており、この完成は来年か、再来年くらいになりそうである。
 この2ヶ所の歩きで、2人ともにクタクタ、グロッキー状態であった。
 このため、このあとに予定していたパークゴルフも取り止め、道の駅『阿寒丹頂の里』に直行する。
 なお、本日の走行距離は109Km。累積走行距離は2198Kmになった。
0 07_12 釧路湿原北斗展望台

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/979-4f00acb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シカの仇をキツネで… «  | BLOG TOP |  » 十勝6道の駅をゲット

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (17)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する