topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転免許更新 - 2016.01.20 Wed

77歳までの運転が可能に……
 昨日、1月19日は、私にとって嬉しい日になったが、反対に苦々しい出来事が起こった日でもある。でも、嬉しさが勝り、良い日であったと総括できるであろう。
 嬉しかった因は運転免許の更新ができたことである。
 これは一昨年だっただろうか、一時、視力が下がり、この更新が危ぶまれたが、レーザー照射などの治療が奏功して元の視力まで回復したが、私の場合はこれだけで素直に喜ぶことはできない理由があった。
 それは私の左目視力は、元々、弱くて運転免許の基準に達していない。このため、右目の視野が150度以上あることが必要だが、5年前の更新時の検査ではギリギリのところでセーフであった。
 この車というものは加齢と共に狭まる傾向が認められるとのことで、ただでさえ不安材料である。加えて、最近では高齢者の運転事故が急増している折から、当然のことながら免許付与には厳しくなることが予測できる。そうなれば可否の条件がギリギリの私の場合には不利に働くことは十分に考えられる。現に、年末に行った高齢者講習の際の身体検査の結果も微妙なものであったことも不安を掻き立てる。
 こんな状況であったので、ダメならダメだと諦めるまでだと腹をくくって、更新が可能となってから日を置かずに運転免許証の更新に臨んだ。
 結果はセーフ。向こう3年間の運転を認められた。
 これまで心配した分、嬉しさは何倍にも増し、この日の天気のように明るく嬉しい日になった。
 こうして気分良くして家に帰り、今度は居住地の駐車場の申し込みに出かける。ちなみに、私の住む住宅では公平を保つために1年ごとに駐車場の入れ替えを行っているため、毎年1月に駐車場の申し込みを行っている。
 必要書類を整えて管理人事務所に赴くと、新任の管理人が書類に不備があると指摘する。私が車検証に基づいて作成したものであり、間違いがあるはずがない。このことをいうと、駐車場の申し込みはしないということでよいかと、とんでもないことを言い出す。
 以前にも、管理人が私の提出した書類を盗み見して、その内容を無断使用するという考えられない不法行為を犯している。これとは別の管理人であるが、この住宅の管理人は程度の低い者を雇っていると呆れ返るとともに不愉快な気分になり、嬉しい日に水を注された。

0 DSC_0381
下の写真は、初雪に薄っすらと化粧した名古屋城の隅櫓(2016年1月20日撮影)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/941-5393f730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フクジュソウ «  | BLOG TOP |  » 名城公園

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。