topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年 - 2016.01.01 Fri

新年、明けましておめでとうございます。

 穏やかに晴れ渡った正月の朝を迎えて、めでたさも例年に増して感じる素晴らしい年明けとなりました。
 この穏やかな天気は元日の終日にわたって続いております。
 わが家の窓から外を眺めると、御嶽山が雪をかぶった白い巨体をクッキリと見え、午後になっても姿を消すことはなく、16時過ぎの現在も朝方と同じように美しい姿態を誇らしげにさらしております。
 昨年は私たちにとってあまりよい年ではなかったが、この素晴らしい天気に正月から接することができ、きっと今年はよい年であることを物語っているようにも感じ、嬉しい年になりそうだと安堵しております。
 昨年の後半は私たちの山行きの集大成とでもいえる本の編集に没頭しました。
 これは、『私たちの山の履歴書』という題名で、私たちが山と親しみ始めてからの山行きの中で、特に印象深いものを選んで1冊にまとめました。
 これらは『ヨレヨレ新聞』から始まり、前のブログの『ヨレヨレ山便り』に加えて、これを継承した現ブログの『ヨレヨレ山便りⅡ』で発表したものの中から抜粋したものです。したがって、新しく書き下ろしたものではないが、何分にも未熟な者が書いたものだけに、手直しをし始めると限がないほど無尽蔵にあり、思わぬ時間を取られることになりました。
 このため、このブログの更新も滞りがちで、ひと月余の間、まるまる更新できないこともあって、罰則の広告(更新を1ヶ月以上も怠ると広告が強制的に付けられる)が先行するという不名誉この上ない事態を招きました。
 この苦戦した『私たちの山の履歴書』も、この休み明けには上梓して、印刷に回せるまでになりました。
 これが完成すれば、再び、元の落ち着いた状態に戻ることになるので、このブログも罰を受けて読み辛いものになることはなくなると思います。
 とはいうものの、1つ、困った問題があります。
 それは私の体力ならびに気力の衰えで、これまでのような山行きができそうもないことです。こうなれば、当然、山を主題にするブログであるだけに、材料に困ることになりそうだということです。
 でも、何とかこのブログが継続できるくらいは、山に通えるように頑張ってみたいと思っております。
 それでは、本年もまた宜しくお願いいたします。

タンチョウ

● COMMENT ●

今年もよろしくお願いします

三太夫さん、今年もよろしくお願いします。
冬場はなかなか行ける山がなくて困っていますが、この元旦に多治見の高社山へ行ってきました。
400mくらいの山なので簡単に登ってくることができ、眺望もよかったので満足しています。
三太夫さんはまだまだお若いので、今年もぜひあちこちの山へ登ってください。報告をお待ちしていますよ。

 モタさん、明けましておめでとうございます。
 モタさんにとっては、今年は喜寿という節目のおめでたい年で、めでたさは2倍の年ということになり、今年は本当に良い年になることでしょう。誠におめでとうございます。
 人間は平等といいますが、人間の質は平等ではないことはモタさんと私を比べることて初めて分かりました。モタさんは私より年長にもかかわらず、未だに山へのあくなき情熱を失わずにおられ、身体もこれを可能にする頑健さを備えておみえです。また、ブログでも私などは足元へも寄れないほどの充実したものを継続しておられ、脱帽であります。
 これらはどう見ても、天が大兄に味方しているとしか思われません。天を憎みたくなるというものです。
 これはさておき、本年もよろしくお願いいたします。
 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/938-88aa8ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自費出版本 «  | BLOG TOP |  » 御在所岳(ございしょたけ・1212m)

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。