topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原岳のフクジュソウ - 2011.03.25 Fri

 今年、鈴鹿で初めてフクジュソウを見たのは2月26日のことだった。
 その後、「もう、そろそろ盛りではないか」と思い、何回も鈴鹿を訪れたが、その都度、期待は裏切られる結果に終わっている。原因は、3月になってから何回も降雪があり、それも相当にまとまった量だったことらしい。
 でも、3月も終盤になっているので、咲き始めても良い頃だと見計らって、本日、藤原岳でも比較的早く咲く場所に出かけてみた。
 天気予報は「午後から雨」というものだったので、何時もより早めに自宅を出発した。
 登山口に着いてみたら、こんな天気予報のためか、はたまた、平日のためかは分からないが、駐車場には1台の車も停まっていなかった。『えらく静かだな』と思いつつ、身支度していると、1人の歩きの登山者が入山して行った。やはり、フクジュソウ狙いの人はいたと、本日は当たりそうな予感がして、ルンルンな気分で出発することができた。
 そして目的の場所の近くまでやってきた。
 そこから先を見降ろすと、何と、狙いの場所が雪に覆われているではないか。『これじゃぁ、今日も空振りか』と思ったが、とにかく、目的な場所にまでは降りてみようと、姫君を促して慎重に降りて行った。
 すると、そこは6分、4分の比率で雪の部分が多いが、雪の解けている場所もあるので、とにかく、探して見ることにする。
 すると、蕾のものや、半開きのものは直ぐに見付かり、その数も半端なものではなく、大袈裟にいえば足の踏み場もないというほどである。数は多いので、開いているのもあるはずと、先ほど萎みかけた希望も何処へやら、再び、ルンルン気分になって花を踏み付けないように慎重に探して回る。
 結果は、そんなに苦労することもなく、全開のものが見付かる。そうすると良くしたもので、後は出てくるは、出てくるはで、短時間で充分な数の花をカメラに収めることができた。
 これはこれでよかったが、この頃から天気が悪くなってきて光量が不足気味である。フクジュソウは太陽の光が当たると花びらが輝きをおびるのが特徴であるが、これでは輝きは期待できない。ある場所でシャッターを押すと、ストロボが発光した。これが太陽の代わりをするかもしれないと、微かな期待もあったが、結果を見てみるとそんなに都合よくはならなかった。
 でも、これだけの数を見れば文句をいうのは贅沢というものだ。ここは、この先、2週間は盛りだろうことから、天気の良い日を選んで再訪しようと思っている。
 こうして目的を達成して、頂上に向かうことなく引き返したが、登山口の直前で天気予報は見事に的中した。私たちは殆ど濡れずに済んだが、頂上に行っていたら、こうはいかなかっただろう。

フクジュソウ1

フクジュソウ2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/93-ce6ba12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山野草2011・その4 «  | BLOG TOP |  » ツキに見放された私?

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。