topimage

2017-06

ミスミソウ - 2015.04.06 Mon

いろいろな場所で見かける
 今年、最初にミスミソウを見たのは3月27日の霊仙山だった。
 まだ、時期が早いので咲いているか否かという不安もあったが、着いてみれば、心配は掻き消された。とはいえ、咲き始めて間もないところだったとみえて、あちらに1輪、こちらに1輪といった具合に数輪が認められたに過ぎなかったが……。
 ここを知ったのはもう随分前、私たちがまだ花に興味を持つ前であった。このとき、霊仙山へ南尾根ルートで登る予定で、榑ヶ畑から汗拭き峠を通って登山口のある落合集落へ向かう途中であった。同道していた人が、少し寄り道をしてここを教えてくれたのだが、その頃は花の名前を聞いても関心はなく、花自体が小さくて目立たないものだったことも加わって、『何だ、こんな花か』と寄り道をしたことを後悔した。
 次に出合ったのは、3月30日ならびに31日と連続して通った藤原岳の孫太尾根であった。何れの日にも多くのミスミソウに出合うが、これだけ多いと有難味も薄れて撮影にも熱が入らない。結局、失敗作の山を築いたことが、後になって判明して、『もっと丁寧に撮ればよかった』と後悔することになる。これは、このときに限ったことではないが、こういう失敗は直ぐに忘れてしまうので、何度も過ちを繰り返すことになる。
 3度目というか、4度目の出合いは、4月4日の伊吹山であった。この山には、登山道から少し離れてはいるが、ミスミソウが群生する場所がある。ここへ行くと、足の踏み場にも困るくらいの密度でこの花が群生していた。
 なお、私たちの出合うミスミソウは白色ばかりであるが、北陸方面まで足を伸ばすと、青、ピンクなどなどと色とりどりのものに遭遇することができる。2、3年前、能登の猿山へ行ったときには、盛りは過ぎていたが、色付きのミスミソウに接して感動を覚えた。このことは今でもハッキリと記憶に残っている。
ミスミソウ霊仙山

ミスミソウ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/923-4a4df0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

藤原岳(ふじわらだけ・1140m) «  | BLOG TOP |  » アマナ

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する