topimage

2017-05

富士山への旅④ - 2015.02.21 Sat

寒さに降参
 2月15日、未明の5時頃に目覚める。姫君も私の気配で眠りから覚まされたようで、このとき、放たれた第一声が「行くの?」であった。
 昨夜の予定では、日の出前の富士山を撮りに精進湖(しょうじこ)へ行くことになっていた。しかし、あまりにも寒い。車の中でもこれだから、外で日の出を待つということは寒くてとてもできそうにない。このように考えると、行く気はまったく起こらない。したがって、「今日は止め。もう1度、寝る」といい、再び、蒲団の中へもぐりこんでいた。
 仄聞するところでは、「日の出前、薄明るくなってからの光の変化が写真を撮る環境としては1番だ」といって、寒さもなんのその、凍えそうになりながらジッとチャンスを待つのだという。だが、今の私にはとてもできそうにない。これに耐えられそうにない私には、カメラマンとしての資質には欠けているとつくづくと思わざるを得なかった。
 6時30分頃、起床する。今回の旅では朝寝坊が続いたが、本日が1番の早起きだった。2度寝を試みた結果、ウトウトとはしたかもしれないが、本格的の睡眠にはならなかったためらしい。
 トイレの帰りに建物の横から覗いてみたが、昨日、間近に聳えていた富士の姿は白い霧の中、まったく見ることはできなかった。ここでこんな状態なら精進湖に行ったとしても同じであったことは容易に想像でき、『早起きして行かなくてよかった』と少し気は楽になった。
 何時もなら朝食を済ませてから出発となるのだが、こんな寒い所に朝食のためとはいえ、長居をすることはない。熱いお茶を飲んだだけで、直ちに出発することにした。
 走り始めて間もなく、道路脇に温度表示があるのに気付いた姫君が、「今、マイナス3度よ、寒いわけよ」と、さも納得というような声を上げた。今、太陽が顔を覗かせてからしばらくするので、マイナス3度という気温は最低という訳ではなさそうだ。ということは、昨夜の道の駅の気温はこれより低かったことだろう。
 そういえば、今朝、水屋の上に置いてあった小さいペットボトルの中のお茶がシャーべット状になっていた。雪の上のテントの中でもペットボトルの中身が凍るのは稀であることから車の中でのこの現象には驚いたものだが、この気温の数字を聞いて改めて納得していた。
 国道139号を走っていくものと思っていたが、カーナビは県道71号を走るように指示をしてきたので、これに従う。この道からは富士山が間近に見える場所が多くある。日の出とともに早朝の霧は取れていたので綺麗に見える。この道筋でもカメラマンが三脚を立てているのが見受けられた。ひょっとすると、ダイヤモンド富士が見られるかもしれないと思い、次に富士山の見える場所に車を停めて待ってみたが、そうはうまくは問屋は卸さず、すこし右にずれていた。先ほどのカメラマン氏の場所からはダイヤモンド富士が見えたかもしれないと思うと、『戻ればよかった』と残念な気もしてきた。
 この道を走っていくと、『白糸ノ滝』の看板が目に付いた。ここへはツアーで行った富士登山の際に、1度、訪れている。このため、以後、この近くへきても立ち寄ったことがなかったが、本日はまだ時間は早いし、帰るだけで他にやることもないので行ってみることにした。
 滝の付近にある駐車場は、早朝ということもあって営業前であったが、無人のそれが開いていたので、ここに駐車して滝へ向かう。入口が分からずに苦労したが、信号待ちの車の運転手に訊いて何とか入口が分かる。ここへ至るまでの表示はシッカリとしていたが、最後の最後に標識がない。有名処にしては間が抜けた話だ。
 以前、ここを訪れたときの記憶では、土産物売り場の前の広場で登山者の集合写真を撮ったが、これとはまるで符合していないのには驚いた。このことを姫君に尋ねるが、姫君も記憶とはまるっきり異なっているという。富士登山は20年くらい前のことである。20年も経つとこうも記憶がボケるものかと驚くが、これが現実であるので、記憶はアテにできないことを肝に銘じておかなければと思った次第である。
 このあと、富士宮で朝食を済ませてから国道1号に出て、一路、名古屋に向かい車を走らせる。現在の国道1号は、バイパスの高架部分では1車線のところもあるが、本線部分は総て2車線化がなされていて、渋滞個所はほとんどないことからスムーズに走ることができ、14時頃には名古屋に帰り着いている。

白糸ノ滝

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/910-992da95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

藤原山麓 «  | BLOG TOP |  » 富士山への旅③

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する