topimage

2017-05

愛の国から幸福へ - 2014.09.01 Mon

旧国鉄の愛国駅、幸福駅を見学
 9月1日、朝、目覚めると、外はどんよりとした曇り空であった。慌てて、アイパッドで天気予報を見てみると、十勝地方は午前中は曇りながら午後からは晴れとなっていてヤレヤレと胸を撫で下ろす。実際の天気は予報よりも早く、10時頃から雲が取れて晴れに変わった。
 本日の一番の仕事は溜まった汚れ物の洗濯である。昨夜、泊まった中札内の隣の帯広なら大きな町なのでコインランドリーも多かろうと思い、ネットで検索してみると7、8軒が出てきた。
 帯広へ向かって車を走らすと、カーナビは幸福ICから高速道路に乗るように指示してきた。これを聞いて、洗濯の前に一時は大変なブームになった旧国鉄の愛国駅と幸福駅に行ってみようと気が変わった。
 幸福駅には昨年だったか、一昨年だったかに行っているが、愛国駅には行ったことがない。まだ私が若かった頃、というと相当に昔のことだが、愛国駅から幸福駅行きのキッブがブームになったことがある。語呂合わせで、『愛の国から幸福へ』、『愛を育んだ末に幸福になろう』とゲン担ぎで、結婚式の祝いの品にもこの切符が使われたこともあるほどだった。この路線も国鉄民営化に伴い、廃線の憂き目をみて、現在は観光駅として駅舎だけが残っていることは、前に幸福駅に行って知ってはいた。
 本来なら、語呂合わせと同じように愛国駅から幸福駅へと見て回るのがよかろうが、私たちのような熟年には愛を育むというにはトウが経ちすぎているので、反対が相応しかろうと、幸福駅から愛国 駅へと順序を変えた。というより、中札内からだとこの方が都合が良いだけのことだが……。
 周り終わってみた感想は、幸福駅のほうが観光地として売り出そうという魂胆が見えみえだったが、愛国駅はかって鉄道駅だったという記念碑として残してあるという程度の力の入れ具合という差を感じさせた。
 この後、コインランドリーに行ったのは予定通りであるが、この他に姫君の携帯電話が壊れたので、この修理に auショップに立ち寄ると、修理不能で新しく買い換えとなり、これに予定外の時間がかかり、忠類の道の駅に帰って来た時には17時を過ぎていた。
愛国駅
愛国駅にて機関車に乗り込む姫君

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/870-98d28680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終日、パークゴルフ «  | BLOG TOP |  » 花畑牧場

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (416)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する