topimage

2017-06

終日、パークゴルフ - 2014.08.12 Tue

思い出の忠類に戻る
 8月12日、本日から数日は晴れの天気予報のとおり、朝から一応は晴れていた。一応というのは、雲が多かったからだ。でも、このおかげで暑くはならず、終日、過ごし易かった。
 忠類の道の駅は私たちが初めてパークゴルフを行った場所であることは、昨日、述べたとおりである。こんな曰くのある場所ということもあって、本日はここに居続けて、パークゴルフデイに決める。
 ここには、18ホールのファミリーコースと同じく18ホールのチャンピオンコースの2つがある。私たちが最初に行ったのは、チャンピオンコースのほうである。チャンピオンコースは文字どおり上級者向きのコースである。なぜ、最初に場違いのコースに立ったかというと、その日がファミリーコースが芝刈りの日でプレーできなかったためだ。
 本日、朝の散歩の代わりにチャンピオンコースを回った。このコースは、距離が長い上に起伏が激しい。こんなむつかしいコースで全くの初心者が最後までよくも周り切ったものだと改めて思ったものだ。
 朝食後、今度は姫君もやりたいという。まだ、脇腹に痛みが残る身では無理だと止めるが、第1打を私が姫君の代わりに打ち、以後、姫君が打っというスタイルで行えば負担はかからないという。では、ボール1つで行うことを提案するが受け入れられず、結局、普通に行い、最初だけを私が代打するという変則スタイルでプレーすることに決まった。
 こうなると、長い距離のチャンピオンコースは無理なので、ファミリーコースでプレーすることになった。こんな変則の形ながら午前中ずっと行う。
 このゲーム中に、何と、私にホールインワンが出た。最近、全く、精彩を欠く私だけにこんなことは夢のまた夢、考えてもいなかったし、望んでもいなかっただけに、入った瞬間、カランカランの音が聞こえた時には飛び上がりたくなるほど嬉しかった。
 昼食を済ませると疲れが出たのか、眠くなったのでそのままウトウトと昼寝。目覚めて、写真の整理と加工を済ませ、このブログの準備を行う。
 これが終わると、姫君のリクエストでまたもやパークゴルフとなる。姫君は思い出のチャンピオンコースで行いたい意向であったが、これは無理な相談であるため、午前中と同じくファミリーコースでのお手合わせとなる。何回を戦ったか、勘定をするのを忘れてしまうほどだった。でも、第1打を2回も実施しなくてはならないだけに何時もより疲れは残った。でも、楽しい1日であった。
08_12 忠類ファミリー

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/849-178e56c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パークゴルフ発祥の地 «  | BLOG TOP |  » 午後から雨から解放される

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する