topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後から雨から解放される - 2014.08.11 Mon

8月11日、昨夜は本別の道の駅に泊まったが、一夜中、雨が降り続いた。それも大雨だった。この雨が朝になっても降り止まず、目覚めてもトイレに行くのに躊躇するほどだった。
このため、車の中に籠城することになり、出発したのが11時頃であった。
向かった先は士幌の道の駅。士幌には2つの道の駅があり、このうち、『しほろ温泉』には訪れているが、もう1つの『ピア21しほろ』は飛ばしたので、本別から近いのでスタンプ集めのためである。この道中も雨は、強く、また、時には弱くと変化はしたが、止むことはなかった。加えて、霧まで加わり、ライトを点けて走らなくてはならないしまつだった。
目的の道の駅に着いた時には雨は申し訳程度になっていたが、まだ上空は真っ黒な雲に覆われており、余談は許されない状態であった。ここへ来る道中にラジオから聞こえてくるニュースには道内各地に出ていた注意報などが解除されたというものがあり、快方に向かっていることは確かである。
ここから北へ向かうか、南にするか迷ったが、結局は南に決める。南にはアポイ岳があり、ここへ登るためである。
行き先が決まれば、ここへ向かって走るだけだが、これからではここまでは走れない。今夜は忠類辺りで泊まることになるだろう。とりあえず、更別の道の駅に向かう。ここも先ほどの士幌と同様にスタンプ集めのためだ。
途中、音更のショッピングモールに立ち寄り、手持ちの少なくなったガス(冷蔵庫用)の補充と食料品の調達のためだった。
更別の道の駅間近かになると、突然、大粒の雨が降り出した。この時、上空は明るく、薄日さえ漏れているので、ニワカ雨だとわかったので心配はしなかったが、それにしても雨が多いのには呆れる。
更別で用事を済ませ、今宵のねぐらの忠類に向かう。
道の駅近くになって雨は上がったが、路面には水が溜まっており、この一帯で激しく降ったことが分かった。
忠類は思い出の場所である。初めてパークゴルフのクラブを握ったのがここで、それも1ヶ月ほど前のことだった。到着後、すぐにクラブを取り出すと、「まだ、下が濡れているわよ」と、脇腹を痛めていてプレーのできない姫君の牽制の声を背中で聞きながらゴルフ場へと足を速める。
ゴルフ馬は濡れてはいたが、靴の中に浸水するほどではなく、プレーは可能であった。結局、A、Bコースを2回づつ、計36ホールを楽しむことができた。

201408121828125ea.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/848-58c3a3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終日、パークゴルフ «  | BLOG TOP |  » 夕方まで雨は降らず

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。