topimage

2017-10

北海道の花・その100 - 2011.03.16 Wed

エゾウサギギク
エゾウサギギク1
 この花は、北海道のトムラウシ山からの帰り道で、トムラウシ公園のお花畑の中に咲いていた。昨年の8月3日のことだ。
 これを見たとき、ウサギギクだと直感した。
 北海道の百名山を1ヶ月かけて周ったが、ミヤマアズマギクは何回も見かけたが、ウサギギクを見る機会は少なく、ここで見られたことを大いに喜んだ。
 でも、ウサギギクそのものは、アルプスではお馴染みの高山植物なので、見慣れた花である。私の経験では、アルプスでみかけるのはアズマギクに比べるとウサギギクのほうが多いようで、北海道とは反対である。
 帰ってから、写真を見ていると、ウサギギクとは花びらの付き方が微妙に異なることに気付いた。普通のというか、アルプスのウサギギクは花びらが疎らに付いている感じなのに対して、北海道のというか、ここトムラウシ山のウサギギクは花びらの付き方が密であるという違いだ。
 こうなると気になって仕方がない。でも、植物についての知識があるわけではなく、こんな専門的なことは分からない。
 こんな具合で、そのままになっていたが、この北海道の花もストックが少なくなって終盤を迎えるにおよび、もう1度、再挑戦する。
 そして得た結論が、エゾウサギギクではないかということである。
 エゾウサギギクとウサギギクの違いは花びらではなく、花冠の筒部に毛のないのがエゾウサギギクで、毛が散生するのがウサギギクということである。
 とはいうものの、こんな専門的なことは私のような素人には分かりかね、見分け方が分かったとしても役には立たない。
 私が、こういうときに活用するホームページ、『野の花賛花』の写真を見るとトムラウシ公園のウサギギクに似た感じの花が収録してあるので、これもエゾウサギギクであるだろうと見当を付けた次第である。

エゾウサギギク2


《北海道の花シリーズ終了のお知らせ》
 昨年7月から8月にかけての4週間、北海道各地を回り、北海道在の百名山9座の全てに加えて、花の山として名高いアポイ岳にも登り、都合10座に足跡を残しました。
 これらの登山を通じて北海道の花々に出合い、これを撮りためたものを、当ブログの前身である『ヨレヨレ山便り』で50種、当『ヨレヨレ山便りⅡ』で50種、合わせると本日までに100種類の山野草を紹介してきました。
 昨年の北海道は、地元の人をして「雨が異常に多い」と言わしめたほどに天候不順でした。このため羅臼岳、幌尻岳、十勝岳、大雪山(旭岳)などは、とても写真を撮る環境ではなく、これらの山で咲く花は殆ど紹介できずに終わりました。
 このように残念なこともあったが、それでも100種を紹介できたことは、私にとっても『これだけの花を見たのか……』という寧ろ驚きに変わっております。
 手元には、まだ少し未紹介の花も残ってはいるが、100という区切りの良い本日をもって、北海道の花シリーズを終了することにいたしました。
 今年は北海道に渡ることはできないが、近い将来、ここを再訪。そして、再度、北海道の花シリーズ(第2弾)を実施してみたいとおもっております。
 それでは、長い間、お付き合いいただき、ありがとうございました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/83-8cbc64fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北海道の花シリーズを終えて «  | BLOG TOP |  » 北海道の花・その99

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する