topimage

2017-06

続・パソコンのトラブル - 2014.05.15 Thu

やっとのことで正常に復す
 私には写真を撮る才能に欠けているのかもしれない。いや、欠けている。
 写真を撮ってくると、大半の人はそれをプリントアウトしてアルバムに貼るだけで完成となるだろうが、私の場合はこれでアルバム を作っても見られたものではない。撮影が下手なせいなのだろう。
 写したもの、それだけでは写真になり得ず、一部分を切ったり張ったり、いや張る技術はないので切るだけ、トリミング加工をしなければならない。
 この際、私が用いるソフトウェア(ソフト)は、パソコンを購入した時点で組み込まれていたマイクロソフト社の『ピクチャー・マネージャー』というものだ。
 トリミングを行う場合、あらかじめ決められた縦横比の枠を大きくしたり、小さくしたりして切り取るスタイルのものと、枠に囚われることなく切る方法がある。
 ピクチャー・マネージャーは後者に属している。このため、これで行っているが、これには欠点もある。縦横比は自分で決めなくてはならないということだ。したがって、私はトリミングを行う際には計算機が手放せない。
 前回で述べたように、トリミング加工のソフトのピクチャー・マネージャーが消失してしまって、トリミングの実施は不能となる。
 また、このソフトは、サイズの変更でも使用していた。サイズの変更は腕には関係なく、必要なときがある。例えば、このブログに写真を添付しようとしても、写してきたままでは大きすぎてはみ出してしまう。このブログでは、横幅550ピクセルがピッタリと収まるサイズであるのに対して、1600万画素のカメラの場合はメーカーによって多少の差はあるが、横幅4900ピクセルであるため、9分の1程度に縮小しなくてはならない。ちなみに、縦の長さは直接には関係ないが、写真サイズとか、A4版などの印刷サイズによって自然に決まってくる。
 ピクチャー・マネージャーに代わるソフトとして、カメラメーカーのものなどがパソコンに入っているが、これまでに使ったことはない。今般のトラブルで、これらの使用を試みるが、操作が難し過ぎて使いこなせないもの、使えても効率が悪くて多くの写真を加工するには不向きのものなど、実質的に役立つものはなかった。
 このため、ピクチャー・マネージャーがダウンロードできないものか調べてみた。
 すると、あるにはあった。そこでダウンロードしようとしたところ、ソフト制作者がマイクロソフト社でないことが分かり、あわてて中止した。これは類似のソフトらしいが、フリーソフトをダウンロードしたら、おかしなソフトが一緒に入ってきたという苦い経験をしたばかりであったため、とても恐ろしくて手が出せなかった。
 結局、マイクロソフト社の正規のソフトを無料でダウンロードすることはできないことが判明した。
 この過程で、私同様にピクチャー・マネージャーを失くしてしまって助けを求める人の質問に対して、オフィスのツールの中に入っているとの回答を目にする。
 これは有力な情報だった。
 早速、確かめたところ、回答者が言うとおり、ツールの中で見付かり、これでやっと従前の状態に復することができた。
 トラブルの発生は3月中旬であったため、かれこれ2ヶ月が経過したことになる。この間、パソコンに振り回っされどおしだったが、これでやっと一段落したことになる。実は、パソコンのアイコンはバラバラで使い勝手が悪く、並べ替えを行いたいところだが、これを実施したことにより、『また、何処かへ消えてしまっては……』という懸念があって手をこまねいている。

キンラン

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/777-4489132e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城山(じょうやま)史跡の森 «  | BLOG TOP |  » ご難続きのパソコン

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する