topimage

2017-06

北海道余話1(後日談) - 2013.09.10 Tue

冷蔵庫が完成
 冷蔵庫を置く台の寸法を間違えて折角の苦心作はダイナシになったことは先に報告したとおりだ。
 これをどうするかを考えた。
 第1案は、取り付けた天板を取り外して、間違えた寸法分20mmを外側へずらす。これだと内側20mmが空くことになるが、下にプリンタ台の綺麗な台があるので、見た目、そんなに悪くもないと思われる。
 第2案は、取り付けた寸法違いの天板を取り外して廃棄して、新たに正しい寸法の物を作って取り付ける。これだと、見た目はいいが、貧しい財布に響くことになる。
 だが、もう1つ、心配事があった。寸法を間違った台であるが、プリンタ台と自作の天板はモクネジで留めてあるが、作業をやり易くするために前段階で瞬間接着剤で仮止めしたかもしれないという懸念である。接着剤を使ったとすると、プリンタ台と天板を引き剥がすことはまず無理であるので、プリンタ台は廃棄せざるを得なくなる。これだと出費は格段に多くなるので恐ろしくなってきた。
 プリンタ台と天板を繋いでいるモクネジを恐るおそる外して見る。神に祈る心境で、力を入れて天板を持ち上げてみると、幸運にも両者は外れた。瞬間接着差税は使っていなかった。
 これで気分が良くなり、多少の出費もプリンタ台を買い替えることを考えると安く感じ、第2案で天板を作り直すことにする。
 また、カインズホームで、材料を買いカットしてもらうことになる。
 前回の材料は、900×450×16(mm)の化粧板1枚で間に合ったが、奥行が30mm伸びただけだが、これでは足らず、もう1枚が必要となる。余分に買う1枚の板で取る部材は、536×30×16(mm)のみで、実にもったいない買物だといえる。でも、これがないと意図するものは作れないので買わざるを得ない。仕方がないので2枚を買うことにする。このとき、隣に並んでいた板が目に付いた。この板は、900×300×16(mm)と細身の板だったが、値段が1000円弱で、大きい板の60%ほどだった。
 こうして、大きい板1700円弱(前の価格は間違い)に小さい板1000円弱の計2700円弱の出費で収まった。
 こうして材料はそろったので、本日、天板の制作と車への取り付けを行った。
 前に取り付けた総ての家具を取り外し、1からのやり直しであるので、時間はかかったが、要領は分かっているので、前の取り付けのときのような疲労感は味わうことはなかったが、時間は同じように費やすことになった。
 ちょうど、アマゾンに頼んであった冷蔵庫も届き、取り付けた台に乗せてみたところ、上手く収まり、胸を撫で下ろした。それにしても、この1週間は冷蔵庫、冷蔵庫で頭も身体もクタクタに疲れた1週間であった。

新しい冷蔵庫を設置

● COMMENT ●

おめでとうございます。
努力の甲斐あって台もきれいに完成し、新しい冷蔵庫が設置されましたね。
次のお出かけが楽しくなると思います。

 モタさん、こんばんは。
 本日、一部を手直しをして、これをもって今回の改造を終えました。これで旅も少しは便利になると思います。
 こうなるとこれを使ってみたくなり、来月にでも紅葉を求めて遠出しようと思っております。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/719-417cbe9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花を追っかける旅6 «  | BLOG TOP |  » 北海道余話1

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する