topimage

2017-06

2012 山野草・その155 - 2013.05.30 Thu

ネジバナ
 ネジバナは、『都会の芝生の中や、中央分離帯の草の中など、最も身近なランである』(野の花賛花)といわれるが、私にはあまり馴染みのない花で、これまでに実物を見たのは1回だけだった。でも、ネットでは良くお目にかかるので、私もジックリと見てみたいものだと、かねてから思っていた。
 7月29日、このネジバナに津軽のベンセ湿原で出合った。
 この日は、午前中に竜飛岬を見物してから日本海側を南下して十三湖に遊んだ。午後からは同じく海岸端を南下して、地図にあった屏風山湿原とベンセ湿原に立ち寄る予定であった。だが、どういうわけだか屏風山湿原が見付からなかった。こんな具合なので、ベンセ湿原にも期待はしていなかったが、行くだけは行ってみようと探して尋ねてみる。
 これが案に相違して花の多い湿原だった。
 先ず、手始めがネジバナだ。
 数はそれほど多いというわけではなかったが、それでも数ヶ所で咲いていたし、時期が良かったのか、花付きも下のほうから穂先までビッシリト付いた見栄えのするものだった。でも、撮影は上手くいったとはいい難く、今になってみれば『ああ撮れば良かった』とか、『こうすれば良かった』と反省することしきりである。このように、折角、良い被写体に巡り合ったのに、結果は悔いが残るものに終わったことが惜しまれる。

ねじバナ①

ねじバナ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/690-443533c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その156 «  | BLOG TOP |  » 草津白根山の湯釜

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する