topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 山野草・その148 - 2013.05.06 Mon

キツリフネ
 7月15日、札幌市郊外の白旗山に登った。
 ここから下山して、山麓の『札幌ふれあいの森』の中の散策路を歩いていると、この道路脇に咲いているこの花、キツリフネを見付けた。
 これとよく似た形をして色がピンクのツリフネソウの黄色版として、このような名前が付けられたようだ。
 この花は、北海道から九州まで全国各地に跨って広く自生するとのことで、珍しい花ではないはずだが、実際に目にする機会は多くはない。
 私が、この花の実物を初めて見たのは南アルプスだったが、その後、鈴鹿でも咲く場所が分かって写真に収めたこともある。
 この花が多く咲いている場所で記憶に残っているのは中央アルプスの木曽駒ヶ岳の山麓だった。ここには登山道沿いのある区間にこの花が断続的にずっと咲いていた。ここでは、キツリフネだけではなく、ツリフネソウも一緒に咲いているという豪華さだったので、特に記憶に強く残っている。
 このように黄色とピンクが入り混じって咲いていたのを他でも見ている。それは、飛騨の天生峠から古川町(飛騨市)へ抜ける道路沿いだった。尾篭(びろう)な話だが、車を運転していると強い尿意を催したため、車を停めた。すると、目の前にピンクと黄色のこれらの花が咲いていた。このときは花期が終わりかけていて被写体としては不適だったので、翌年、通ったときに探してみたが見付からなかった。それもそのはず、10kmとか、20kmの間の1地点だ。探し出せるほうが奇跡だというものだ。もう1度、都合よく尿意を催さないものかと思っている。
 キツリフネに関しては、北海道でも見ている。それを見たのは、2010年の『北海道の山旅』のとき。場所は阿寒湖畔であった。早朝、道路脇に設けられた駐車スペースに車を停めた折、この道路脇に咲いていた。この記憶があるので、今回もカムイヌプリ(摩周岳)の帰りに、ここへ立ち寄ってみたが、このときは空振りに終わった。

キツリフネ①

キツリフネ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/669-399e24ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その149 «  | BLOG TOP |  » 木曽福島の花の山を散策

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。