topimage

2017-04

2012 山野草・その145 - 2013.05.01 Wed

イワブクロ (別名:タルマイソウ)
 フェリーの発着する港のある苫小牧市の近くには有名な支笏湖がある。この湖の南側に位置する標高1041mの火山が樽前山である。この山も花の山と紹介してあったので、7月15日に登ることになった。
 結果は、花の収穫に見るべきものはなく、噴煙を吐き出す溶岩ドームなど、見所は花より景色だった。
 ここには、この山の名前が付く花、タルマイソウがあるとのことだったので期待したが、これは何も珍しい花ではなかった。これまでも他の山で見てきたイワブクロのことだった。
 このイワブクロの別名がタルマイソウとのことだ。この山に限れば、イワブクロとは言わず別名のタルマイソウが大手を振ってまかり通っている。
 ちなみに、山は樽前山、『たるまえさん』であるのに対して花は『タルマイソウ』といい、『え』と『い』という僅かな違いではあるが異なっている。この山の名は、北海道では普通のことだがアイヌ語で『タオロマイ』と呼ばれていたことからきている。明治になって地名を定めたときに、このアイヌ語の発音に漢字を当てはめて樽前山と表記した。一方、花のほうはアイヌ語の発音を生かしてタルマイソウとなった模様だ。
 閑話休題。イワブクロというと、私はこの樽前山の隣の後方羊蹄山で見た素晴らしい群落を思い出す。樽前山にも写真のような小さい群落はあったが、後方羊蹄山のものに比べれば横綱と十両のような違いがある。もちろん、横綱は後方羊蹄山のもの、十両が樽前山のものだ。
 また、これも私の個人的に感覚であるが、イワブクロという花はそれほど美しい花とは思わない。でも、植物が根付くのが不思議な感じがする砂礫帯やここ樽前山のような火山地帯にも根付いて花を咲かせるので、こういう面で珍重されるのだろう。

タルマイソウ①

タルマイソウ②

タルマイソウ③

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/664-81788ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その146 «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その144

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (415)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する