topimage

2017-10

今年になって2回目の森林公園 - 2013.04.26 Fri

タンザワウマノスズクサ
 本日は寒くて風も強く、散歩に出るのにも長袖のシャツとジャンパーを羽織らなくてはならなかった。
 これに比べると、昨25日は暖かい1日で、にっちゅうはずっと半袖シャツ1枚で過ごした。こんな陽気に誘われて、午後から久しぶりに愛知県森林公園の植物園に出かけてみた。
 目的は、ここにタンザワウマノスズクサという変わった花が咲いているとブログ仲間、『庭園めぐり』の功さんが自身のブログで紹介していたのを見て、私もこれを見るためだ。
 ここの駐車場に到着すると、何時もはガラガラの広い駐車場には多くの車が停められていて、何時もとは様子が異なっていた。駐車場がこの状態では、園内も大混雑かと思ったが、植物園自体が広いためか、ここは何時ものとおりでときどき人に出会う程度であった。
 入園に際して入場料200円が必要である。ただし、中学生以下は無料と掲示されていたので、私も中学生に見てもらおうとの魂胆で、姫君を母親に仕立て上げることを思い付く。そこで、事務所前で、「ママ、ママ、早く来て!」と、後からきた姫君に呼び掛けて中学生を装うが、係員には何の反応も示さない。「ダメだ、僕、中学生に見えないようだ」と姫君に説明すると、係員も事態が飲み込めたとみえて大笑いするが、結局、入場料は支払うハメになった。後になって、「大人でも奥さんのことをママとを呼ぶ人がいるから、ママ、ママではダメよ」と姫君がいう。考えればその通りで、今度は他の手を考えなければいけないと思う。
 この係員に地図をもらい、タンザワウマノスズクサの咲いている場所に印を付けてもらい、それを持って歩き出す。
 最初に出迎えてくれたのがハルリンドウだった。ここのそれは、青い部分が鈴鹿などのものに比べて濃い青というか、紺色に近いため、白の部分との対比が鮮やかで見栄えがする。中には、これまでに見たことのない真っ白なものも混じっている。ここで、早速、しゃがみ込んで撮影を開始するが、このハルリンドウは園内の至る所で見られた。
 この撮影を済ませて、次はお目当てのタンザワウマノスズクサの場所へ行こうと地図を見ると、ここまではだいぶ遠い。それならシュンランを先に見ておこうと、昨年、これを見た場所へ向かう。だが、1年も前のことは、自分では覚えているつもりでも、実際は忘れてしまっていて、違う方向へ歩いてしまった。この建物の近くでなかったかとは思うものの、実際の印象は異なる。そのうちに姫君が思い出して、別の場所であることが分かる。
 ここまで来たのならタンザワウマノスズクサを先に見るほうが都合がよく、結局、そこへ向かう。
 このタンザワウマノスズクサという花には初めて対面するので、花そのものは功さんの写真で覚えているが、どのように咲いているかイメージが湧かず、その場所にやってきても戸惑ってしまう。
 あちこち探して見付けてはみたものの、それは木の花のように私の背丈くらいの場所にぶら下がるように咲いていた。『何だ、木の花だったか』と思ったが、帰ってから調べてみると、『草目』、すなわち草に分類されていた。これも驚きだが、この花自体も驚きだった。これは花というより、実だという方が理解し易い。とにかく、一瞥しただけでは、花びらもなければ、メシベ、オシベという器官も何処にあるか分からない。
 これはさておき、写真撮影だが、これまた、困った。私の三脚は草花用の短いものなので、このように高い場所に咲いていると用を足さない。仕方がないので手持ちで撮らなければならない。この方法だと、これまで失敗に失敗を重ねた実績がある。まあ、被写体の花が比較的に大きいので、何とかなるだろうと思い、また、不安な部分は枚数で補う作戦で何枚も何枚も写しておく。
 これで目的は達成できたが、折角、ここまで来たので、目ぼしい所を一回りして、ジロボウエンゴサク、イカリソウ、ホウチャクソウなどなどをゲットして、次のシュンランの場所へ向かう。
 シュンランが咲く場所は、ザックリと分けて3つになる。最初の場所には葉っぱも見付からなかったが、残りの2ヶ所には咲いていた。でも、花自体は、昨年の花に比べるとやや劣っていた。
 そして最後にチゴユリだ。ここに到着して、これを確認するが、パッと見にはそれほど形の良い花ではなかった。これを姫君にいうと、「そんなことはないわ。シッカリとした花よ」という。マクロレンズを通じて覗いてみると、壊れてはいなかった。でも、昨年、御在所岳で素晴らしく形のよく、新鮮なチゴユリを見ている。1年が経過した現在でも、この印象が強く残っているので、普通の花を見ても満足できないのだろう。
 こうして3時間くらいの散策で、充分な成果を上げることができ、満足感に包まれて帰途に就くことができた。

タンザワウマノスズクサ①

タンザワウマノスズクサ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/659-e5296526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その142 «  | BLOG TOP |  » クサボケ

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (19)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する