topimage

2017-06

2012 山野草・その138 - 2013.04.18 Thu

キバナシャクナゲ
 私たちがアルプスなどの高山を訪れると、ハイマツの中から黄色の花を覗かせて迎えてくれる花。それがキバナシャクナゲだ。
 この花は、所を選ばない性質があるのか否かは私の知識の外で判然としないが、見かける機会の多い花であることも確かである。
 ちなみに、私たちのホームグランドである鈴鹿などの低山で咲くホンシャクヤクがピンクであるのに対して、これは淡い黄色という違いがある。
 7月7日の赤岳でもハイマツの中でキバナシャクナゲが咲いていた。
 高山の登ると必ずといってよいくらいハイマツがある。これと同じとまでは言えないが、この花もよく目にするので珍しくはない。
 このため、この花に気付いたとしても、『あぁ、咲いているな』と思って通り過ぎることが多い。今になってはハッキリとした記憶はないが、このときも、多分、そうであっただろうが、『ここは北海道だ』と気付き、慌ててカメラを構えたのだと思う。
 ちなみに、この赤岳以外の北海道の山でも見たようなおぼろげな記憶があるが、さて何処かというと記憶が定かでない。
 このように見慣れた花は扱いがぞんざいになり易いが、花が極小とか、小ぶりなものが多い山野草の中にあっては大柄な花、それも数個がまとまっていることを考えると、もう少し珍重してしかるべきだと思ってもみる。

キバナシャクナゲ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/651-aaba21a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その139 «  | BLOG TOP |  » 鈴鹿では珍しい花を見る!

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する