topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 山野草・その136 - 2013.04.05 Fri

エゾハハコヨモギ
 八ヶ岳という山の名前は有名だが、この名を有する山の頂はない。主峰の赤岳始め、阿弥陀岳、横岳などの峰の総称というか、これらの峰々をひっくるめて八ヶ岳と呼んでいる。
 北海道の大雪山も、この八ヶ岳同様に大雪山という名前の頂はない。主峰の旭岳を始め、間宮岳、黒岳、赤岳、白雲岳などなどから成り立つ峰々の総称である。ちなみに、大雪山系というと、十勝岳からトムラウシ山なども含む広大な山域を指す。
 7月7日、大雪山のうち、赤岳から小泉岳を経て白雲岳までを歩いた。
 赤岳の頂上は、頂上といっても平らな荒れ地が広がっている愛想のない所だったが、これを補うように珍しい数々の高山植物が咲いていて、私たちの目を楽しませてくれた。
 その中に、この花もあった。
 花の名前は、エゾハハコヨモギといい、大雪山の固有種ということだ。
 こういうと珍しさが先に立つが、私たちがアルプスで見るタカネヨモギと大差なく、私たちのような素人には「そうだ」といわれれば、「そうか」と思ってしまう。

エゾハハコヨモギ①

エゾハハコヨモギ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/641-2815967a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊吹山にも春の訪れ «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その135

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。