topimage

2017-06

2012 山野草・その128 - 2013.03.23 Sat

エゾノツガザクラ
 アポイ岳や夕張岳では見かけなかったが、7月3日に登った富良野岳、同じく7日の赤岳という大雪山系の山ではアオノツガザクラのピンク版の花が所どころで群生しているのに出合った。
 この花の名前は、エゾノツガザクラといい、北海道(蝦夷=えぞ)に咲くツガザクラという意味だと考えられる。
 ツガザクラはアルプスで見られるが、私の印象に強く残っているのは北岳の八本歯のコル付近で見たものだ。
 このツガザクラの花の先は開き加減であるのに対して、エゾノツガザクラのそれはアオノツガザクラと同じように閉じぎみ、すなわちひょっとこを連想させるオチョボ口という違いがある。そのほかにも淡いピンクのツガザクラに対して一段と濃いピンクのエゾノツガザクラという違いもあり、両者を見比べても相似性は少ないともいえ、何故、このような命名になったかという疑問が残る。
 ツガザクラとエゾノツガザクラを対比してみて、私の好みはというと、色といい、形といい、後者に軍配を上げたい。
 特に、7日の赤岳では、エゾノツガザクラの群落の中をエゾシマリスが飛び回って遊んでいたのに出合い、この花が一段と強く印象に残った。

エゾノツガザクラ①

エゾノツガザクラ②

エゾノツガザクラの群落の中で遊ぶエゾシマリス

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/627-cc454b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リハビリ登山は続く «  | BLOG TOP |  » 入道ヶ岳のフクジュソウ

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する