topimage

2017-05

2012 山野草・その127 - 2013.03.21 Thu

コマクサ
 高山植物の女王と呼ばれる花がある。それが、コマクサだ。
 この名前は、私が花に興味を持つ前から知っていた。その理由は、『高山植物の女王』という別称が有名でガイドブックに写真付きで紹介されることが多く、覚えようという努力をせずに自然に記憶に残っていた。
 私が最初にこれを見たのは北アルプスの蓮華岳。およそ植物の生育できる環境とは程遠い岩屑帯に張り付くようにボコッ、ボコッと咲いているのを見たときは感激したものだ。
 その後、コマクサがアルプスは元より八ヶ岳でも、御嶽山でも咲くのを見て、比較的広い範囲で分布していることを知る。これらの自生地のうち、最も手軽に行くことができるのは御嶽山だ。ここのことを知ると、毎年のように見ることが可能となった。
 北海道ではというと、最初の『北海道の山旅』の際、トムラウシ山で見ている。ただし、このときは時期が遅く、辛うじて1株のみが残るのみだった。こんな事情があって、写真撮影には失敗に終わる。このため、このときのアルバムにはコマクサは未収録となった。
 今回の『北海道の花旅』では、7月3日の富良野岳に多く咲いていた。このとき、天気が悪かったこともあって、写真の出来上がりはイマイチ、あまり出来が良くなかった。
 続いて、7月7日、ここ赤岳で見た。
 銀泉台からの登山ルートの途中にコマクサ平という所があり、ここにはコマクサの群生地になっていた。
 ちなみに、このようにコマクサ何某とか、駒草何某という地名が付く所には、このコマクサが咲く、昔は咲いていたということが多いようだ。例えば、蔵王のエコーラインの途中に駒草平という所がある。ここはコマクサなど自生しそうにない場所だったが、遊歩道を散策してみるとそこにコマクサが咲いていた。

コマクサ①

コマクサ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/625-058278b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

入道ヶ岳のフクジュソウ «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その126

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (416)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する