topimage

2017-10

2012 山野草・その115 - 2013.03.07 Thu

ミヤマリンドウ
 夕張岳のお花畑というと、ヒョウタン池から釣鐘岩の辺りまでをいうらしい。この区間の大半は湿地帯で木道が敷設されている。
 6月28日のお花畑には、ムシトリスミレやシロウマアサツキなどなど、見慣れぬ花々が多く咲いていて飽きさせなかった。
 こんな中、草の下に隠れるように見慣れた花が咲いていた。
 一見したところ、ハルリンドウかタテヤマリンドウだと直感した。
 本日、初めて見たリンドウだから撮っておこうと、カメラを構えたものの、花は雑草の陰に隠れるので、これらに邪魔をされてしまって上手くは撮れない。心残りではあったが、1つの構図を2、3枚、シャッターを切っただけで諦めて前進する。
 大袈裟にいうと、ここでは1つの花に固執していると、花の種類が多いために先に進むことができなくなってしまうからだ。
 でも、内心では気にかかるものがあったのだろう。帰り道で、この花を再び撮影することになった。行きと帰りで花の置かれた環境が違ったわけではなく、相変わらず雑草に覆い隠されているかのような状態は変わっていない。
 思案の末、この雑草を写さぬようなアングルを見付け、目いっぱいに引き寄せて写してみた。こうすることによって邪魔なものをだいぶ除去することに成功した。
 でも、まだ目障りな部分が残る。
 この異質なものは、トリミングという画像処理により、取り去ることにした。
 さて、この花の名前だが、これはハルリンドウでもタテヤマリンドウでもなく、ミヤマリンドウであることが判明した。
 このミヤマリンドウは、北海道に限らず、中部から北の方に幅広く分布しているとのことである。しかし、私はそれほど多く出合っているわけではない。
 調べてみると、前回の『北海道の山旅』の際、トムラウシ山で。もう1度は、次の年、『東北の百名山の旅』の月山で見ている。
 このように出合うには出合っているが、ハルリンドウなどに比べると、出合う確率は低いので、この花の存在自体を忘れてしまっていた。

ミヤマリンドウ①

ミヤマリンドウ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/611-a8592bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その116 «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その114

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する