topimage

2017-05

2012 山野草・その113 - 2013.03.05 Tue

シロウマアサツキ
 6月28日の夕張岳。
 蛇紋岩の崩壊地の看板を過ぎ、木道の上を歩いていると小型のネギ坊主が風に身を委ねるように揺れていた。
 まだ蕾の段階で、花の部分はまだ薄皮に包まれていてその様子は分からないが、細い茎の上に分不相応な丸い大きな蕾、このような花は、以前、見たことがある。
 2010年、初めて北海道に渡って最初に登った山、アポイ岳で見ている。その花とは、ヒメエゾネギだ。
 一昨日、アポイ岳に登ったときにも、気を付けていたのだが、この花には出合うことがなかった。時期が早かったようだ。
 何れにしても、蕾では如何ともし難く、何処かに花はないかと、探しながら歩いて行く。そしてようやく見付けたが、まだ、充分には開ききっていなかった。この時期では、これが精一杯のだろう。
 帰ってから名前を調べると、シロウマアサツキという名前であることが分かり、当初、考えたヒメエゾネギとは異なった花であるということが分かった。
 名前の由来は、北アルプスの白馬岳で多く咲くところから、この名前が付いたと説明されている。ということは、何も北海道まで行かずとも白馬岳に登ればよいので、『何だ……』という結果に終わった。しかし、私は白馬岳へ種々のルートから登っているが、これを見たことはない。
 先行き、夕張岳へは登れそうもないので、完全に開ききった花を白馬岳で見てみたいという新たな目標ができたことになる。でも、これも夢に終わる公算が大である。

2012_06_28 シロウマアサツキ②

2012_06_28 シロウマアサツキ③

2012_06_28 シロウマアサツキ①

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/609-18ee4bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その114 «  | BLOG TOP |  » 初めての沖縄・その6

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (416)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する