topimage

2017-04

2012 山野草・その103 - 2013.02.15 Fri

ユウバリアズマギク
 6月28日、夕張岳。
 蛇紋岩崩壊地の看板を過ぎた辺りからアズマギクが顔を出し始めた。この花は、襟裳岬で大きな群落を見たし、アポイ岳ではアズマギクの変種ではこの山の固有種であるアポイアズマギクに出合っているため、十分、いや十二分に満足しているので、あまり撮影意欲は高まらなかったが、よく顔を覗かせるので少しはカメラに収めておいた。
 帰ってから調べてみると、アズマギクやこの高山型のミヤマアズマギクとは異なった分類をされるユウバリアズマギクという別種であることが分かった。ちなみに、分類は『野の花賛花』を参考にした。
 そして帰り道。
 ユウバリコザクラを見付けて大喜びして撮影、これが終わって帰りかけたとき、白い色をしたアズマギクを発見した。
 アポイ岳には、蛇紋岩地帯で、この影響を受けてミヤマアズマギクとは変わった性質を持つアポイアズマギクが咲き、これがヒダカソウと並んで、この山の売りの1つにもなっている。
 夕張岳のここも蛇紋岩が崩壊して砂礫化した地質の場所に生息しているだけに、夕張岳でアポイアズマギクを見付けたと大いに興奮した。だが、これがいけなかったようだ。日差しが強かったこともあって撮影に失敗してしまった。返すがえす残念なことをした。
 この世紀の大発見を私だけで独り占めしていてはいけないと思い、下山後、夕張市役所に架電、担当の教育委員会に報告した。電話を受けた課長という人物はまったく興味を示さなかったのには拍子抜けするとともに、はしゃいだ私のバカさ加減に忸怩とした思いを味わった。

ユウバリアズマギク①

ユウバリアズマギク②

ユウバリアズマギク (白花)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/592-40517ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その104 «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その102

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (415)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する