topimage

2017-06

2012 山野草・その98 - 2013.02.11 Mon

エゾウサギギク
 ウサギギクはアルプスでお馴染みの花で、ここへの遠征時にはよく出合う高山植物の1つである。
 私の記憶では、アルプスの表銀座と呼ばれる燕岳から槍ヶ岳へのコースの終盤、ヒュッテ大槍の辺りに群生していたのを今でも鮮明に覚えている。でも、このときは疲労困憊で、頭では写せ、早く写せと命令したが、身体がいうことを聞かずに、そのまま素通りしてしまったという悔いもあって、余計に記憶がハッキリと残っているのかもしれない。
 こんなウサギギクであるが、元々は北海道のエゾウサギギクが母種。母種らしく思える名前のウサギギクのほうが変種だとのことである。
 このエゾウサギギクに、6月28日の夕張岳で出合うことができた。
 頂上まで2.4kmの標識の立つ男岩から10分ばかり歩いた所で、黄色の極小のヒマワリのように見える花を発見。これがエゾウサギギクだった。
 これまでの北海道の花旅でエゾウサギギクに出合うのは初めてだった。どういうわけだか、北海道ではアズマギクにはよく出合うが、エゾウサギギクにはあまり出合うことがなかった。これは、これから先、1ヶ月でも傾向としては同じであった。

エゾウサギギク①

エゾウサギギク②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/588-b8803376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012 山野草・その100 «  | BLOG TOP |  » 僧籍ない見習いが通夜

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する