topimage

2017-11

2012 山野草・その61 - 2012.11.27 Tue

エゾイソツツジ
 6月13日、お昼の便で利尻島に渡った。
 この島は今までいた細長い礼文島とは異なる円形の島で、その周囲には道路が敷設されているので、先ずは最初に島を左回りで1周してみることにした。
 1昨年に上陸した際にも同じことをしているので、当時を思い出しながら走り始めるが、何だか島の中は静かな感じがした。仙法志御崎公園にまできて、静かな原因が分かった。ここには海浜プールがあり、ゴマフアザラシを飼育、周辺には昆布やウニを販売する売店があって、前回、観光客で賑わっていたが、この日きてみると閑散としていた。3日後から売店などは店開きするらしく、今は未だシーズンオフ。静かな原因が理解できた。
 御崎公園の後、南浜湿原の看板を見付けて立ち寄ってみた。
 前回、この前は通っているが、この看板に気付かなかったのか、ここには来ていない。もちろん、このときは利尻山へ登るのが主目的だったので、このような地味な場所には気付いていたとしても立ち寄っていたか否かは分からない。
 標識に従って左折すると、そこには車数台が停められる小さい未舗装の駐車場があった。この先には小ぢんまりとした沼、メヌウショロ沼があり、その周囲には木道が敷かれていた。
 ここを歩いていて真っ先に目に付いたのが、このエゾイソツツジだ。これは、サロベツ湿原でも見られたが、花はここほど立派なものではなく、それほど注視することもなかったが、目の前の白い丸い塊は折からの午後の陽ざしをいっぱいに浴びて美しく輝いていた。

エゾイソツツジ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/533-7a930ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

老化現象 «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その60

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (16)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (42)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する