topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の花旅・その11 - 2012.08.25 Sat

アクシデントに見舞われる
 17日は朝から雨が降っていた。このため、ここ『道の駅・さるふつ公園』で居続けることも選択肢として、取り敢えず朝食にする。
 こんな空模様がそうさせたのか否かは分からないが、カーラジオのスイッチを入れていた。
 食事を終え、車の中ですることもなくゴロゴロしていると、雨は上がってきた。こうなると、誰の思いも同じで、ボツボツと出発する車も現れてくる。
 私たちも、これらに刺激されて次へ移動することにして、車のエンジンをかける。すると、クワォン、クワォンと力ないセルモーターの回転音が聞こえるだけで、エンジンがかからない。昔ならいざ知らず、近年では車のエンジンが起動しないということは皆無で、私の頭の中はパニックに陥る。
 それでもバッテリーが上がってしまったことが直感的に理解できたので、バッテリーを連結させること思い出す。だが、こんなことが起こるなどとは想定しておらず、バッテリーを繋ぐブースターケーブルは持っていない。
 このとき、私の対(とい)面に駐車していたキャンピングカーが動き始めていた。これを停めて、ケーブルを所持しているかを尋ねると、幸いなことに所持しているとのことだった。私の車には室内電源を取るために予備電池が積んである。一瞬、これとの接続を考えたが、予備電池を充電するために互いに結線しているため、これを使ってよいものか否か疑問が生じる。このため、ケーブルの所有者、マッちゃんに電源提供をお願いする。
 これで準備は整ったが、私の車のバッテリーが何処に設置されているのかが分からない。普通の乗用車は、前部のボンネットを開ければ否が応でも目に入るのだが、生憎、このハイエースにはボンネットがない。エンジンは座席の下らしいので、バッテリーもエンジンルームと同じなら座席の下ということになるが、これは冷静に物事を判断できるときに考えることで、このときのようにパニックに陥っているときにはただオロオロとするだけだった。
 この道の駅に居合わせた人たちは、皆、いい人だった。知恵を出し合い、助手席下のバッテリーを探し出し、マッちゃんの車のバッテリーと連結してエンジンの始動させてくれた。ありがたいことであった。
 なお、バッテリーの上がった原因は、ラジオをかけっぱなしにしたせいだった。ラジオだけなら2時間や3時間で上がることはなかっただろうが、私の何時もの悪い癖でエアコンのスイッチがオン(ON)の状態になっていた。エンジンをかけずにエアコンが入ったままになっていては、当然といえば当然の帰結であった。
  エンジンがかかったので、取り敢えず、最寄りのガソリンスタンドで見てもらうべく、『道の駅・さるふつ公園』を後にした。なお、最寄りのスタンドといってもといっても、北海道は広いので20余kmも走った先の浜頓別という町にあった。このスタンドで点検を頼み、不足していたバッテリー液の補充をしてもらう。
 このアクシデントで蒙った私のダメージは大きく、この先数日はエアコンのスイッチを切り(OFF)の状態にしていた。
オホーツク海岸端まで行くが行くが何もないベニヤ原生花園

花も観光も収穫は乏しかった
 このガソリンスタンドに来るまでに、ベニヤ原生花園の看板を通り過ごしてきたので、取り敢えず、ここまで戻ることにして、今、走って来た道を反対方面へ走っていく。
 だいぶ走ったが、それらしき花園も看板も見えない。「おかしい」と思い始めたところ、「さっき、看板が出ていたようだったが、ハッキリと読めなかった。もっと、ユックリと走ってよ」と姫君がおっしゃる。車をUターンさせ、再度、浜頓別町のほうへ走っていく。すると、今度は看板が出ていた。先ほど、これをどうして見落したのだろうと思うほど大きな看板だった。
 こうしてようやく到着したベニヤ原生花園だったが、センダイハギ以外はハマエンドウ、エゾカンゾウなどがちょこっと咲いていた程度で、期待したほどではなかった。ここも時機が少し早かったらしい。
 ここの次、ハクチョウで有名なクッチャロ湖を訪れる。だが、ハクチョウが飛来するのは冬ということで、今の時期には何もない湖面が拡がるだけの殺風景なただの湖だった。
 これで本日の観光は終わりにして、オホーツク沿いの国道238号をひたすら下り、門別の手前の興部(おこっぺ)町の『道の駅・おこっぺ』まで走った。
 本日は出足が出足であったのと、期待した花も観光も見るべきものは余りなく、疲労感だけが溜まった1日だった。
殺風景な湖面をさらすクッチャロ湖

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/451-41003b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北海道の花旅・その12 «  | BLOG TOP |  » 北海道の花旅・その10

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。