topimage

2017-11

2012 山野草・その19 - 2012.04.21 Sat

ナツトウダイ
 4月15日、私たちは、岐阜県にある舟伏山に初めて登った。
 この山は、名前のとおり舟を伏せたような形の山だった。これが分かったのは、山の形を確認したわけではない。頂上部に登り上がってから本当の頂上に辿り着くまで、長い水平移動をしたことから、このような形であろうと推定できたのだ。
 この頂上部に至るまではジグザグに切った登山道を登り上がっていくのだが、ここを登っていると前を歩いていた姫君が立ち止まり、かがみ込んで何かを見ている。「何か、見付けた?」と訊ねると、「これ、花だろうか?」と逆に質問された。「どれ、どれ」と、姫君の視線の先を覗きこむと、そこには黒い花が下向きに咲いていた。
 早速、カメラを構えたことは言うまでもない。
 花の中を撮ろうと思って下のほうから覗きこむと、何とも不思議な構造をしていた。花びらの中に幕があって、これが仕切り役を務めていて、いくつかの空間を作っていた。この空間の中は、現地では何もないように見えたが、帰ってから画像を拡大して見ると、中にシベらしきものがあることが分かった。
 頂上では、多くの人が休んでいたので、カメラの中の画像を取り出してみて彼らに尋ねてみるが、結局、分からなかった。
 植物に関して博識の人に鑑定を依頼すると、ようやく名前が分かった。
 『ナツトウダイ』ということだった。
 ナツトウダイという花は、普通は緑色をしているとのことで、このような色のものは珍しい部類に属することも分かった。このように分かってみると、良い時期に、良い山へ行ったものと、形の良いイワザクラに出合えなかった落胆も帳消しになった。いや、大きな収穫があったことが分かって喜びに変わった。

ナツトウダイ①

ナツトウダイ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/399-4ff13de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百名山の思い出・その12 «  | BLOG TOP |  » 2012 山野草・その18

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (16)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (43)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する