topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 山野草・その17 - 2012.04.18 Wed

ヒトリシズカ
 ヒトリシズカの名前はだいぶ前から知っていたし、見たつもりであった。だが、それまでヒトリシズカだと思い込んでいたのがフタリシズカであることが分かった。
 こうなるとヒトリシズカが見たくなるが、なかなか見る機会がなかった。それでも、あるとき、藤原岳大貝戸道の7合目辺りの杉林の中で咲いているのを偶然に目にすることができた。
 ヒトリシズカとフタリシズカでは、葉っぱが異なるので直ぐに分かる。すなわちヒトリシズカの葉っぱは光沢があるのに対して、フタリシズカのそれにはこれがないと教えられたことを思い出し、真っ先に葉っぱを見ると、その教え通りだった。
 両者ともに、花は穂状花序とのことだが、これにも明らかな相違がある。ヒトリシズカの花は、穂状花序とっても歯間ブラシのような形状であるのに対して、フタリシズカのほうは小さい粟粒状のものがくっついているので、これらを比べれば一目瞭然で区別することができた。
 ヒトリシズカのシズカは『静』で、源義経の愛妾『静』からきているらしい。静御前の美しさに匹敵する美しい花という意味でこのように名付けられたとの由。
 でも、私がヒトリシズカもフタリシズカモ区別が付かなかった頃、両者(といってもどちらもフタリシズカであったが……)を見ても美しいと感ぜず、私の美的センスからすると静御前もこの程度の女性だったのかと、内心、思っていた。でも、本物のヒトリシズカを知ると、「なるほど」と頷ける美しさがあった。
 昨年、最初にヒトリシズカを見た場所とは異なった場所に咲くのを見付けた。
 4月12日、今年もそろそろ咲き始めるころだと見当を付けて昨年の場所に訪れたところ、期待に違わず昨年と同じように咲いていた。

ヒトリシズカ①

ヒトリシズカ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/396-7b5563e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨日はアマナデー «  | BLOG TOP |  » 百名山の思い出・その11

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。