topimage

2017-10

2012 山野草・その15 - 2012.04.11 Wed

スズカカンアオイ
 4月9日、鎌ヶ岳に通じる馬ノ背尾根を歩いていると、バイカオウレンが咲いていた。これを撮り終えて立ち上がろうとすると、近くで同じ花を撮っていた姫君が「これも、あったわよ」と私を呼び止めた。「なに、カンアオイ?」と尋ねると肯定の答えが返ってきた。
 これだけだと、私が神様でも乗り移ったかのような鋭い勘の持ち主のように思われるかもしれないが、そんなことはあるはずがなく、これには伏線があった。ここの手前でも同じような場面があったので、容易に推定ができたというだけのことだ。ちなみに、このときは花の一部が壊れていて撮影するまでには至らなかったが……。
 私たちがカンアオイを知ったのは、10年くらい前だった。竜ヶ岳からの帰り道、ホタヶ谷へ入る手前で、同道した藪人ちゃんが、登山道脇でこの花を見付けて、これがカンアオイだということを教えてくれた。これ以後、姫君はこの花に興味を持ったようで、似たような葉っぱを見付けると藪人ちゃんが行ったように葉っぱをヒョイッと持ち上げて、この下に隠れている花を探し出すようになったという経緯がある。
 カンアオイは、美しいというイメージが強い花とは縁遠い、どちらかといえばグロテスクな色、形をしていて、ひと目見ただけでもそれと分かる。しかし、その種類は多く、色や形が千差万別であることでも有名だ。したがって、私のような素人では名前を特定するは困難を極めるが、これは葉っぱならびに花の形状からみると、スズカカンアオイの特徴を備えており、これだと見做される。

スズカカンアオイ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/389-502fbd16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【2012 山野草・その15】

スズカカンアオイ4月9日、鎌ヶ岳に通じる馬ノ背尾根を歩いていると、バイカオウレンが咲いていた。これを撮り終えて立ち上がろうとすると、近くで同じ花を撮っていた姫君が「これも、あったわよ」と私を呼び止めた。「なに、カンアオイ?」と尋ねると肯定の答えが返ってき...

百名山の思い出・その8 «  | BLOG TOP |  » 花を求めて

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する