topimage

2017-06

2012 山野草・その5 - 2012.03.27 Tue

ヒロハアマナ
 今年、ヒロハアマナを初めて見たのは、3月11日、藤原岳でのことだった。でも、見たといっても、見たのは葉っぱだけで、蕾すらも頭を出していなかった。
 どうして花なしの葉っぱだけでヒロハアマナだと分かるかといえば、何も私の花に対する造詣が深いわけではなく、この花の葉っぱに特徴があるためだ。私のような素人でも、その特徴さえ抑えれば、直ぐに分かるというわけである。
 では、その特徴はというと、細長い葉っぱの真ん中に縦の白い線が入っていることだ。この特徴に加えて、毎年、この花が咲く所に、この葉っぱが見られれば、まず100%、間違いはないことになるのだ。
 こんな伏線があって、3月21日に同じ場所に出かけてみる。前回から10日が経っているのに過ぎないので、まだ、花が開いているとは考えていなかった。ここへ出かけた狙いは他にあったのだ。それは、ミスミソウであった。
 前回、ヒロハアマナ葉っぱを見た所に着いたので、ちょっと目を凝らしてみると、何と、この花が咲き、花びらを大きく開いているではないか。
 『まだ、10日』しか経過していないと思っていたが、『もう、10日』も経っていたことになった。この嬉しい誤算に大喜びしたのはいうまでもない。
 こうしてみると、私のような老人の10日には何の変化を望めないが、ヒロハアマナにとっての10日は赤ん坊が美しい少女に育ったような著しい変化が起こったことになる。若さの可能性は私の考えているより物凄く大きいことを再確認させられることになり、これに我が身を重ね合わせてみると寂しさを感ぜざるを得なかった。
 ちなみに、この花が開花するには太陽の光が不可欠であるといわれるが、帰りに見たときには太陽はまだ高かったのにかかわらず、春先の午後の太陽には力がないのか午前中開いていた花も閉じ加減になっていた。

ヒロハアマナ①

ヒロハアマナ②

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/374-bdc2d85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百名山の思い出・その5 «  | BLOG TOP |  » 百名山の思い出・その4(後編)

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する