topimage

2017-06

データ消滅騒動の結末 - 2012.01.29 Sun

 私は、パソコン(PC)のハード・ディスク・ドライブ(HDD)で保存している文書および画像などを外付HDDにバックアップしていた。だが、この外付HDDの故障で、これに保存してあったデータの総てを失ったことは、昨年12月10日の『データ消失』に詳しく書いた。
 本日は、その結末について述べておく。
 12月中旬に外付HDDを東京の復元を専門に行う業者に宅急便で送ると、翌日に業者から電話連絡があった。「破損の状態が深刻なので、少々、時間を要する。復元に要する費用の見積もりも後日になる」とのことだった。
 それから3日くらいが経過すると、再び、業者から電話とメールで連絡があった。画像1000枚くらいが復元できた。復元費用は9万7000円弱とのことだった。そして、復元したものを試しに一部を見て判断して欲しいといい、サンプルらしきものが送られてきた。小さいサイズのものなのでどの程度の精度のものかが分からなかったことと、画像のプロパティは復元できない(撮影日が特定できない)とのことであった。
 保存してあった画像は丸6年分なので、少なくとも1万枚はあると思われるが、1000枚というと1割程度に過ぎない。失った正味の画像は半年分で、残りの5年6ヶ月分はPC本体に残っている。ということは、1000枚程度復元してもらっても実質的には役に立たない可能性がある。
 また、サンプルを見ると、サイズが小さいように思える。こうだとすると、A3ノビという大型サイズで印刷することはできない懸念がある。
 加えて、撮影日が分からないとなると、何処で撮ったものかが特定できず、これでは宝の持ち腐れになる懸念も大である。
 この3つの難点と費用を勘案すると、費用の割高感が非常に高く、ここでの復元を諦めることにして、業者にその旨を伝え、HDDを送り返してもらった。
 その後、このブログ記事を読み返すべく、検索機能で『データ消失』を探したところ、この記事とともに他業者のデータ回復のコマーシャルが一緒に出てきた。
 この中の1つに、『アート・カズPC』という業者があり、ここの復旧費用が安価(2万5000円プラス消費税)らしいので、再度、ここに依頼することになった。
 一昨日、結果が出た。
 HDDの破損状態が深刻なので、完全なというか、私の望むような復元はできないことが分かり、結局、諦めざるを得ないという大変に残念な結果に終わることになった。

ミゾソバ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/319-3caa852e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東北の花・その63 «  | BLOG TOP |  » 東北の花・その62

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する