topimage

2017-06

猿投山に再挑戦 - 2011.10.08 Sat

 昨日、猿投山に出向き、苦労の末に初見のヒツジグサを見ることができた。
 これはこれで嬉しい結果であったが、池の中の花を遠く離れた池畔から撮影するには焦点距離55mmのレンズでは、少々、無理がある。
 このため、同90mmのマクロレンズで撮影したいという願望が家に帰ってから猛烈に湧きあがってきた。
 このため、本日、猿投山に再挑戦することになった。
 再挑戦といっても、何もヒツジグサだけではない。実は、昨日、ヒツジグサの他にカリガネソウも見る予定だったが、前者で手間取ったことと、簡単に成就すると思って弁当を用意しなかったことから、後者まで手が回らずに終わり、やり残しもあったので、本日はカリガネソウがメーンである。
 カリガネソウもニュースソースは、ヒツジグサと同じくネットの花仲間である。これはメーンの登山ルートにあるらしいので、探し出すのに沿う手間はかからないと思ったが、昨日の失敗もあるので昼食のオニギリはシッカリと用意しての出発であった。
 昨日同様、猿投山登山口の猿投神社奥の登山者駐車場に到着すると、そこには空きスペースがあり、思いの外、簡単に駐車させることができた。11時頃だったので、下山者がボツボツ降りてくる時刻だったのと、登山でなくランニングを終えた人も多かったことからのようだ。
 ルートは、猿投山のメーンルート、御門杉から東海自然歩道を歩き、展望台の先から自然観察路で西ノ宮を経由して東ノ宮、頂上というものだ。
 このルートは、良く整備されていて歩き易い。とはいえ、出発が遅かったことと、ルートそのものが長いために案外と時間がかかったので、頂上へは行かずに東ノ宮手前で引き返すことになった。
 でも、主目的のカリガネソウの撮影も、ヒツジグサの撮影のし直しも無事に終え、16時頃、無事に駐車場に帰ることができた。

カリガネソウ

ヒツジグサ

● COMMENT ●

流石 三太夫さん 行動力も、写真も素晴らしいです。

 ポパイさん、こんばんは。
 お褒めいただき、嬉しいやら恥ずかしいやら、こんなことは滅多にないだけにオロオロしております。
 昨日、マクロレンズで撮り直してきました。また、この写真も機械を待って載せたいと思っております。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/224-e5500f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木道考 «  | BLOG TOP |  » ヒツジグサ探し

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する