topimage

2017-06

百名山登了にリーチ - 2011.10.01 Sat

 9月29日、今般の山旅の中でも最も天気に恵まれた日でもあった。この日の9時49分、快晴の下の穏やかな越後駒ヶ岳の頂上に立っていた。
 この頂上は、私たちが挑戦している日本百名山の99番目の頂ということになる。
 残すは、平ヶ岳の頂上のみである。
 思い返すに、私たちの百名山の第1号は富士山であった。
 1994年8月、富士山に挑戦するも8合目半であえなく敗退。翌95年8月12日に再挑戦して何とか登頂を果たした。これが百名山への最初の足跡ということになるが、この頃は百名山なるものがあることすらも知らなかった。
 以後、96年5月に大台ヶ原、同年7月には荒島岳。同じく8月は釼岳とアルプスにデビュー。こうして百名山を意識することなく、自然に百名山への登頂を増やしていった。
 転機が訪れたのは、私たちが職を失った2009年であった。
 この失職で、金に困窮するのは今までとおなじで変わることはなかったが、時間だけは無尽蔵に手に入れたことになった。
 これを機に、百名山に本気になって挑戦することになり、野宿可能なヨレヨレ号を製作、同年11月、手始めに九州の4座に登頂する。この時点で、私たちが登頂を果たした百名山は40座になっていた。
 そして、昨10年には北海道を中心に29座に足跡を残し、今年に持ち越しとなったのは東北と関東甲信越の31座であった。
 今年も順調に消化に努め、前述のように99番目の越後駒ヶ岳の登頂をもって麻雀用語でいうリーチをかけることができた。
 最後に残った平ヶ岳は、越後駒ヶ岳と同じ越後の山で、隣り合わせの山のようなものなので、予定では、リーチ即ツモ(またはロン)となって上がりとなる図を描いていた。
 ところが、このように目論見通りには事は運ばなかった。
 今年の7月下旬の新潟・福島集中豪雨禍で多大な被害が生じた。これにより、越後駒ヶ岳ならびに平ヶ岳の両山へのアプローチが不能に陥った。その後の復旧工事によって、前者だけは何とか復旧をみたが、後者にいたっては今年中には無理、来年の登山シーズンには何とか間に合うように工事を急いでいるという状況である。
 こんな事情があって、年頭に掲げた計画の達成は困難になった。
 来年には平ヶ岳の登頂で、百名山を登了としたいところであるが、私たちの年齢になると先行き、何が起こるか予断が許されなくなっている。この先1年、体調に留意をした生活を送り、何としてでも、これだけは達成するつもりである。とはいえ、『弁慶の刀狩り』という例もあり、このような結果にだけはなりたくないと思っている。

越後駒ヶ岳

● COMMENT ●

百名山リーチ万歳!

ご苦労の甲斐あっていよいよ百名山登頂にリーチですね。
まずは前祝いということで「おめでとうございます!」
来年の平ヶ岳登頂を期待していますよ。

 モタさん、おはようございます。
 お祝いを賜り、嬉しくもあり、不安もありと複雑な心境であります。
 この前のように、突然、腸閉塞が発症すれば、最悪、手術となり、まず登山など当分の間は無理でしょうし、こんなことにならないまでも膝痛でも再発ともなれば、これまた挫折は目に見えております。
 このように考えると、99という数字も手放しでは喜べない心境であります。
 モタさんは、元気溌剌の御様子。その御活躍をネットを通じて羨望の眼で眺めております。ますますのご活躍を祈念しております。

ヨォ、お二人さんおめでとうございます。

 お二人さん、百名山登頂リーチお目出度うございます。
屋久島、霧島と九州征服以後次から次へと全国を駆け巡られる「ヨレヨレ山便りⅡ」を楽しみに
拝読させて頂いて下りました。毎回毎回お元気なお二人に感服しております、先日の急病のおり
暫く更新が無いのに不審を感じメールを入れて数日後に病状報告、その後すぐに山行再開の更新にホットして居るところでした。駒ヶ岳山頂でのお二人さんの「晴れ晴れな笑顔」快晴以上に輝いて見えます。来年の完全登頂を期待しています。

 ヨカニセドンさん、こんばんは。
 私たちが意識して登った百名山は、ヨカニセドンさんに案内いただいた韓国岳が最初でした。これが上手くいったので、これ以後がトントンと運んだのだと思います。これからみると、ヨカニセドンさんのお蔭といっても過言でないと考えております。その節は大変お世話になり、感謝しております。ありがとうございます。
 来年の今頃には、登了の喜びに浸れれば良いと夢見ているが、果たしてこれが正夢になるか否か、心配な一面もあって複雑な心境にあります。
 それから、メールをいただいた様ながら、気付かずに申し訳ないことをいたしました。考えることは、不要メールと間違えて消去した可能性があります。本当に申し訳なく、深く深くお詫びいたします。ごめんなさい。

すごいですね!

お久しぶりです。百名山リーチですかぁ・・・すごいですねぇ。羨ましい限りです。私は職場異動があったので、今年は今までのようにはあまり山へ行けず、せっかく行けるはずだった日も、台風や集中豪雨などで中止。思うように行けないことが多かったです。里も、すっかり秋を通り越して初冬のような寒気につつまれ、寂しさを感じる今日この頃。
三太夫さまも、お身体をご自愛くださいませ。それではお元気で。また、お邪魔しますね!

 山行亭さん、おはようございます。
 私たちは、毎日が日曜日の身なので、何とか、リーチまで漕ぎつけることができました。でも、あなたは、まだお若く、可能性は充分ですよ。
 先に計画されていた甲斐駒ヶ岳、仙丈岳が天候不良で中止になったのは痛かったですね。また、次の機会に楽しんでください。
 

いよいよですね。

 三太夫さん、こんばんは。
 百名山にリーチがかかりましたね。いよいよ来年は成就ですね(私は現在69座です)。最後は平ヶ岳ということですが、私は2008/8/18に登りました。日帰り登山としては、登り6時間、下り4時間の約10時間、標高差約1300mのロングハードコースとなります。因みに皇太子ルートというのがあり、3時間余りで山頂に着くと言われていますが、詳しくはブログをご覧下さい。でも、これはインチキルートだと思います。

 kitayama-walk さん、おはようございます。
 「今年中に百名山登了だ」と吹聴していたので、何としても登りたかったが、観光船も運休している現状では他に登山口まで行く方法がなく、泣く泣く諦めた次第です。
 kitayama-walk は、平ヶ岳はお済みなのですね。それも、正規の登山ルートで……。私たちは、軟弱なので手抜きできるときは総て手抜きするというのをモットーとしてきたという経緯から、平ヶ岳もインチキルートを予定していました。でも、最後の最後なので、ここだけは「ノーマルルートで挑戦してもよいかな」という気持ちが少し沸いてきました。しかし、まだ1年も先のことで、その時になっても今の気持ちが持続しているかどうか……。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/222-1778953d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒツジグサ探し «  | BLOG TOP |  » 東北の花・その5

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する