topimage

2017-10

山野草2011・その49 - 2011.07.09 Sat

タケシマラン
 タケシマランを知ったのは、花に関心を持ち始めてからのことなので、そんなに古い話ではない。
 この花と最初に対面したのは、御嶽山山麓でであった。出会ったカメラマン氏により、この変わった花の存在を教えてもらった。このとき、コンパクトデジタルカメラだったので、こんな小さい花が上手く写せるとは思っていなかったのにかかわらず、偶然にも鑑賞に堪えるものが撮れた。こんなこともあって、この花のことは忘れることなく、私の記憶に深く刻み込まれた。
 2度目の対面は、木曽駒ヶ岳の千畳敷で姫君が見付けたことで叶った。
 最初に教えてもらったカメラマン氏に「タケシマランは珍しい花」だと教えられたので見付ける度に喜んだが、その後、あちらこちらで見ることで、珍しい花ではなくなった。この中で、蓼科山で見たのは立派であったし、撮影に適した角度だったために綺麗に撮ることができ、タケシマランとしては最高傑作だと自負していた。しかし、バックアップ用の外付けのハードディスクが原因不明で初期化されてしまい、現存していないのが残念である。
 今年は、6月15日、天生湿原から籾糠山山麓を周回したとき、その道筋に途切れることなくずっと咲いていたのには驚いた。これだけ、まとまって見たことはなく、タケシマランの希少価値は、もはや無意味と化していた。

タケシマラン

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/190-77a0d2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山野草2011・その50 «  | BLOG TOP |  » 火打山(ひうちやま・2462m)

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する