topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4度目の正直 - 2011.05.10 Tue

 今年、これまでに伊吹山へ3度も通っている。初めは、4月20日。続いて25日、30日という具合である。
 このように足繁く出向いたのは、アマナの写真を撮るという目的があったためだ。
 この花はヒロハアマナと同じように太陽の光を浴びないと花びらを開かない性質を持っているので、出かけるにあたっては天気予報に何時も以上に注意を払っていたのだが、ことごとく外れというか、寒い日になってしまった。
 このため、多くのアマナの出迎えを受けたことは受けたが、固く花びらを閉じたものばかりであった。中には花びらの開き加減のものもあるにはあったが、せいぜい、3分程度が開いているに過ぎなかった。
 こんな伏線があったので、4月9日に賭けてみた。
 この日は、朝のうちは曇っていたが、伊吹山へ近付くにつれて天気は予報通りに快方に向かい、駐車場に到着したときには晴天以上、快晴といっても過言でない青空の多い天気となっていた。これも嬉しいことだが、気温もグンと上がり、ポカポカ陽気。こんなことは、これまでの3回にはなかったことだったので、今日こそはという期待が弥(いや)が上にも膨らんできた。
 登山口から1歩足を踏み出すと、これまでに来た何れの日にもぬかるんで歩き難かった登山道が、今年初めて乾いていた。ひび割れの状態からみて、ここ数日、雨は降らなかったことを物語っている。これなら大きく花びらを開いたアマナが群れ咲いている姿を自然に頭の中を駈け廻っていた。
 だが、現実は、急勾配の道を登り上がるのには、本日の陽気では暑すぎた。半袖のティシャツ1枚の私はまだしも、日焼け防止で長袖のシャツを重ね着する姫君は汗を滴れ落ちさせていた。
 この1合目に至る樹林の中の登山道脇の花は、これまでの主役のセントウソウは姿を消し、ヒメウズ、ムラサキキケマンにその座を譲っていた。
 1合目から2合目にかけての前半の主役は、黄色のウマノアシガタだった。ここは旧スキー場のゲレンデで、見渡す限りの急斜面の草原だが、この緑の若草を点々と中には群れた黄色が彩りを添えていて、これらを眺めながら登ると気が紛れて、幾分、楽になるような錯覚に陥らせてくれ、この助けを借りながら登っていく。これも山小屋を繋ぐ車道を過ぎると別の世界に入ってくる。
 ここからの後半は、オオイヌノフグリ、カキドオシという小型の花が主役を取って変わっている。これらの花は数mmに過ぎない小さな花で、普通なら主役を張れるような花ではないが、ここの役者たちは何十、何百という数に力を借りて見事に役目を演じきっていた。
 2合目を過ぎると、いよいよアマナも顔を見せ始めるはずだとの期待を足に乗せて歩いて行くが、いっこうに姿を見せないばかりか、群生していた場所にやってきても影も形も見ることはできなかった。
 これを知るにつけ、少し、嫌な気分になってきた。これをとりなすように、初めて見るニリンソウの群生地が姿を見せていた。
 こうして本命の3合目にやってきた。
 『腹が減っては戦ができぬ』とばかり、取り敢えず、木陰で昼食を摂ってからアマナ探しを開始する。
 だが、30日には踏みつけないように注意しながら歩かねばならなかった通路にも、ロープで囲まれたお花畑の中にも何処へ姿を消したのか肝心なアマナはなくなっていた。なくなっていたというのは正確ではなく、多少、残っているものもあったが、写真の被写体になり得るようなものではなく、何処か、ここかに欠陥を持ったものが残っていたに過ぎなかった。これには落胆した。
 でも、折角、こうして遠路はるばるやってきたのだ。手ぶらで帰るわけにはいかないと思って捜索範囲を広げてみた。
 これが奏功した。
 遂に、大きく花びらを広げたアマナを見付けることができた。それも1つや2つではない。いっぱいにあった。
 アマナだけではない。スハマソウが、この時期まで残っていたのに加えてイカリソウもヒトリシズカも咲いていた。その他、木の花ではクサボケもコクサギなどが見付かった。
 こうして4度目の正直で、ようやくアマナをゲットすることができ、もちろん、意気揚々と引き上げた。

アマナ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/141-705691fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

算数教育 «  | BLOG TOP |  » 法治国家

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。