topimage

2017-06

山野草2011・その25 - 2011.05.04 Wed

カキドオシ
 4月20日、伊吹山でのことだった。
 この日は寒い日で、花たちは花びらを固く閉じて寒さに耐えている風情であった。このため、3合目から先へは進まず、Uターンして下山していた。
 この途中で姫君が小さい花を見付け、「ここに変わった花が咲いているわよ」と教えてくれた。「何、何?」と覗きこむと、小さい紫色の花があった。
 一見したところ、スミレのように見える。この日は花の収穫はなかったが、唯一の例外はスミレだったので、これの小型のものだと見当を付けた。
 これを姫君に告げると、「スミレならお尻が出っ張っているはずよ。でも、これにはないもの……」とおっしゃる。「どれどれ」と、花を持ち上げてみると、なるほど、スミレ特有の墨つぼがない。これは、スミレではなく別の種類の植物の可能性が高まったので、写真だけは丁寧に撮っておく。
 帰ってから、花を拡大してみると、形は、昨年、覚えたムラサキサギゴケに似ているが、色や模様が異なっているので、これではなく、また、これに近い種でもなさうだった。
 さらに調べを進めてみると、カキドオシの可能性が高まった。
 でも、写真の花とは色が微妙に異なり違うことも考えられるので、断定するのを躊躇していた。
 25日にも伊吹山を再訪した。
 このとき、カキドオシはあちらこちらに盛んに咲いていることが分かり、希少種ではないことが分かり、加えて、この日も寒かったこともあって撮影する意欲も湧かず、そのまま帰ることになった。
 30日にも、同じ場所を訪れた。
 このときに見付けたカキドオシは色も赤がかった紫だったことから、最初の疑問は払拭できた。

カキドオシ1

カキドオシ2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/135-6ddc09a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

希少植物の保護 «  | BLOG TOP |  » 山野草2011・その24

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する