topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山野草2011・その12 - 2011.04.13 Wed

キクザキイチゲ
 私の見たクザキイチゲで最も印象に残っているのは、御池岳へ行ったときのものだった。多分、これが、この花を最初に見たときだと思う。
 御池岳から真ノ池へ降りて鈴北岳へ向かっているとき、右手の枯れ草の中から白い花が太陽の光をいっぱいに浴びて輝くように咲いていた。身体をかがめて目を近付けると、野草としては大きめな花で、白色の花びらが幾重にも重なり、なかなかに美しい花だということが分かった。この花がキクザキイチゲだということを後になって知った。
 翌年、この花に期待して同じ場所を訪れてみたが、何処へ消えたか、枯れ草があるのみで白い色も緑のそれもまったくなくなっていた。
 鈴鹿の山を歩いていても、この花を見掛けるのは稀有なことになっている。
 昨年などは、これを探すのに大いに苦労した。
 ネット情報で藤原岳の山頂近くに咲いていると知れば、ここを訪れてはみたが見付けだすことは叶わなかった。同じくネットで伊吹山に蕾を見たと知って後追いをしたが、これまた成就しなかった。孫太尾根へ行ったときなどは、そこで出会った人が撮った生の画像をみせてもらい、場所も聞いて探してみたが、これまた不発に終わるという具合だった。最後に、御池岳で行き交った登山者からの情報で、今、来た道を大きく引き返して、やっとのことで対面が果たせた。
 昨年は苦労に苦労を重ねて、やっとのことで対面できたが、今年は偶然に、それも思わぬ数にビックリしたほどだった。
 山で知り合った人のホームページをみると、入道ヶ岳でミノコバイモを毎年のように見ていることが分かった。もちろん、場所については具体的な記述はなかった。
 そこで彼の歩いたルートを4月2日にトレースしてみることにした。
 すると、幸運な偶然が重なり、目的のミノコバイモが見付かった。
 何と、そこには予期せぬキクザキイチゲが咲いていた。それも1つ、2つでなく、固まって咲いていた。これまた、幸運な偶然だった。

キクザキイチゲ1

キクザキイチゲ2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/112-b7b675b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山野草2011・その13 «  | BLOG TOP |  » イワウチワが開花

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。