topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自費出版本第3弾完成 - 2017.03.30 Thu

 昨29日、このところ掛かりきりになっていた本の印刷と帳合が完了した。
 この本は、『2012年 北海道の花旅』という題名で、先に出版した『車旅日記』に次ぐ北海道シリーズの第2弾である。
 内容は、2012年に敢行した6月5日から8月3日間、60日間におよぶ花を求めて北海道内の花の名所を放浪して回った結果をまとめたものである。
 これは、ブログで発表したものを本にしただけで、目新しいものではない。
 これまでに制作した『私たちの山の履歴書』、『車旅日記』は、本の形式にした見本1部を刷り上げ、これをPDF形式に保存したUSBメモリーを印刷業者に渡せば、私の仕事は終わりであった。
 しかし、今回は花が主役であるため、本の中に挿入した写真は白黒ではなく、カラーにしたいという意向がある。
 これで見積もりを取り寄せると、印刷に要する費用が黒白に比して何倍もかかることが分かって、この計画は暗礁に乗り上げ、頓挫してしまった。
 一時は中止することも考えたが、折角、進めた計画である。何とか、実現したいとの思いが強く、種々、考えた結果、印刷は自分で行うことにする。
 自家印刷は『車旅日記』の際にも試みようとして、使い捨てをしても惜しくはない安価プリンターを手当てしてあった。このため、このプリンターを役立てる場面が出てきたことになり、ある意味では願ったり、叶ったりであった。
 でも、印刷に取り掛かるが、これがなかなかの難題であることが身をもって知らされることになる。
 本の体裁は、A5判、2段組で280ページである。
 1ページをジーコ、ジーコと印刷するだけでも数十秒を要する。これを280ページである。1冊分を刷り上げるだけでも、多くの時間を必要とする。時間をかければ何時かは終わるだろうと考えて、当初、これを100冊、印刷する計画で作業を始めた。
 後々のことを考えると、帳合をとる手間が省けるので1冊づつを刷り上げることがベストである。このように刷るとなると、奇数ページ(表面)を刷り上げてから、今度は偶数ページ(裏面)を刷らなければならない。
 これがうまくいけば問題はないが、何かの拍子に2枚の紙が重なった状態で送られてしまうと悲劇である。以後のページ全部が失敗になってしまう。既に表面は刷ってあるので、裏表面共に失敗になってしまい、損失は2倍になる。
 この愚を避けようとすると、1ページづつを愚直に刷っていかなければならなかった。
 これがなかなか大変な作業であることが分かり、100冊は無理だと早々に諦めることになり、80冊に計画補縮小する。その後、更に20冊を削り、最終的には60冊に落ち着くことになった。これにより、既に刷り上げたページの1部が不要となり、廃棄処分をせざるを得なかったが、これは潔く諦めることにした。
 こうして作業を進めていくが、インクの消費が思っていた以上であることが分かってくる。特に、カラーインクの消耗が激しい。
 『北海道の花旅』という本の性格上、写真の主役は花である。
 花の色は色々であるが、この周囲は葉っぱなどで緑色のことが多い。ということは、黄色と青色が先行して消費され、赤が残ることになる。
 使用するHP(ヒューレット・パッカード)社製のプリンターのインクは、ブラックとカラーの2種類である。インクボックス内部のことは分からないが、赤、青、黄色の何れかが無くなると、他の色が残っていたとしても、交換、廃棄しなくてはならず、不経済であることが判明した。
 このため、カラーページだけは、これまで使用している6色のインクが各々独立するエプソンのプリンター使用に切り替える。
 このように紆余曲折を経ながら、長い時間をかけて280ページ分が刷り上がり、帳合に取り掛かることになった。
 帳合とは、1ページから280ページまでを、番号順に綺麗に並べる、積み上げる作業である。
 この作業にはある態度の広い場所を必要とするが、貧乏所帯のわが家には適当な場所がない。仕方がないので、座卓の上を作業台代わりに使うことにする。座卓の上には13枚を広げることが可能であり、1回に13冊が出来上がり、この作業を5回づつ繰り返すと60冊が完成する運びとなる。
 これで終わりではなかった。
 果たして、間違いなくページ順にそろっているかを確認する作業が待っていた。
 これが意外に大変な作業であった。
 裏白のページがあったり、ページがひっくり返って並べられていたりという具合に、結構、見直してよかったと思うほどの間違い箇所が見付かった。
 こうして、昨日、ようやく完成をみて、製本業者に持ち込むところまで漕ぎつけることができた。
 こうして苦労して完成させた本に目を通してみると、肝心の文章の校閲が満足に出来ていない所が多々あることに気付かされた。
 自分で書いたものを自分で校閲することは、なかなか上手くはいかないことは分かっているが、それにしても今回は酷すぎる感が強い。これら箇所を直すといっても、今さら、できるものではない。
 これが分かってみると、完成の喜びも束の間、今では自責の念に苛まれている。
000 DSC_0005a
    《印刷に先立ち、自分で製本してみた見本》

● COMMENT ●

北海道の花旅、表紙にレブンアツモリソウとは豪華そのものですね、何事にもチャレンジ精神旺盛で熱意と実践、素晴らしいです。

 tenkei さん、こんばんは。
 印刷および帳合は大変な作業であると身をもって知ることになりました。
 御蔭で、私としては手作り感がこれまで以上に感じます。でも、出来上がりを冷静に判断すると失敗、敗北感に苛まれています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/1058-e3ecb8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

藤原岳 «  | BLOG TOP |  » 春の訪れが実感できた

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。