topimage

2017-04

年頭の御挨拶 - 2017.01.01 Sun

 2017年の元旦は、これほどの朝は年に何回もないというほどに、気持ちよく晴れ上がりました。この穏やかな朝は、これから始まる2017年の先行きを表しているようでもあって、嬉しさが込みあげてまいります。
 しかし、昨年からの流れをみていると、この天気ほどに楽観はできないようにも思われます。
 昨年は、どんな年であったでしょうか。
 私には、『まさか』の1年であったと感じられました。
 米国では、下馬評の低かったトランプ氏が次期大統領に決まりました。これを誰が予想したでしょうか。『まさか』の一語に尽きます。
 また、欧州へ目を転じれば、英国が国民投票の結果、ヨーロッパ共同体(EC)から脱退を決めたことも、『まさか』でありました。
 一方、わが国では、何はさておいて天皇陛下が譲位のお気持ちがあることを示されたことも、私たち国民にとっては、『まさか』のまさかでありました。
 このように『まさか』は遠くで起こったばかりではありません。
 私の身近でも『まさか』は起こっておりました。
 私たちが、昨年、2ヶ月余の長期にわたる北海道放浪の旅を敢行できたことも、一昨年の状態をからは、これも『まさか』でありました。
 私たちの『まさか』は、嬉しい『まさか』であるが、これ以外の『まさか』は後あとまでも尾を引く問題も抱えているだけに手放しで喜んでいるだけには参りません。というより、これらの『まさか』が、本年に及ぼす影響を計りきることは出来ません。
 とはいえ、これらの『まさか』が、私たちにとって悪い影響だけを与えるとも考えられません。これからの1年が終わって、昨年の『まさか』が、本年にとって良い影響を与えてくれる『まさか』になることを信じたいと思います。
 とにかく、これだけのよい天気の正月は滅多にあるものではありません。きっとよい1年になるだろうことを念じたいと思います。
 私自身も健康に留意しつつ、姫君につつがなくお仕えできるように努めたいと思っております。
2017_01_01 槍が岳②
  《1999年1月1日 後立山の稜線から槍・穂高を眺める》

● COMMENT ●

ことしもどうぞよろしく

ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。
新しい年を迎えましたが、今年もよろしくお願いいたします。
槍・穂の写真は素晴らしいですね。傑作の1枚でしょう。

 私のほうこそ、今年も宜しくお願いいたします。
 昨年暮れからアルバム作りにはまり込んでおり、今は他へ目が向かない有様です。これも写真用紙を180度開くことのできる製本を思いついたことが発端であります。ただ今、昨年の北海道のアルバムを上下2冊にまとめ上げたところです。
 なお、上の写真は初めてのアルプス正月山行の際、元日の9時頃から急速に天気が良くなってきて槍・穂の稜線が顔をのぞかせました。その時の感動は今も鮮明に記憶しております。

今年もよろしくおねがいします
白銀の素晴らしい作品ありがとうございます。今年はあなた様の若さと行動力に少しでも追いつけますよう頑張りたいと思っております。

 tenkei さん、おはようございます。
 人里離れた雪深い山の中で正月を迎えたいという気持ちだけは、今も失ってはいないが、その体力は既になく、記憶の中だけで楽しむだけになってしまいました。ボケも進行中であり、この記憶を楽しむことも何時まで続くか保障の限りではないという寂しい現実下にあります。
 これはお若い大兄には無縁なこと、本年もよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/1053-32540d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本およびアルバムの製作に奮闘 «  | BLOG TOP |  » カジノ解禁法案可決

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (415)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する