topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山野草・2011・その9 - 2011.04.06 Wed

ハコベ
 セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
 これが春の七草である。
 この中のハコベラというのが、ハコベのことである。
 野に一般的に咲くハコベの中には、ミドリハコベとコハコベの2種類があるとのことだが、普通では区別を付けるのが難しいので、これらを一括してハコベと呼んでいるそうだ。
 この野に咲くハコベの他に、山に咲くものはミヤマハコベといい、前者に比べると花が少し大きいらしい。ちなみに、ハコベは花の直径が5mm程度なのに対して後者は1cmから1.5cmくらいあるらしい。
 ハコベは春の七草だけに、田舎育ちの私には身近なはずであるが、そうでもない。私は、昔から野菜嫌いで、エンドウ、インゲンなどの豆類、ホウレンソウ以外の野菜は殆ど食べたことがない。したがって、七草粥など、これまでに1度も食したことがない。こんな訳で、この手の野草は注意してみたこともないので、まったく区別が付かなかったというより、知らなかったというのが正しい表現だ。
 昨年か、一昨年か、どちらかは定かでないが、これを孫太尾根で見た。もちろん、名前は分からない。花の師匠のSIVA先生に訊いて初めてミヤマハコベだとハコベの種類だと知ったような訳である。
 今年の3月30日に奥伊吹へアズマイチゲを撮りに行った。
 ……が、これが上手く開いておらず、この写真を満足するほど撮れなかったこともあって、普段なら目にしても写す意欲が湧かない、この極小の花を写す気になった。

ハコベ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/105-4c75088a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花を探して山中を彷徨う «  | BLOG TOP |  » 山野草2011・その8

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。