topimage

2017-04

網走界隈を当てどなく - 2016.09.08 Thu

9月8日、曇りときどき小雨。

 天気予報は雨マークであったので、女満別の道の駅で目覚めたときに曇りであったことを素直に喜んだ。
 その後、この天気が続けば良かったが、そう上手くはことは運ばなかった。ときどき、小雨が降ったが、これは長続きすることなく、直ぐに止んでくれたので、大いに助かった。こんな繰り返しが夕方まで続いた。
 昨夜、考えていたことは、サンゴソウはキッパリと諦めて、ここを離れることだった。この裏には、待ったとしても綺麗なものには望み薄と判断したこともある。
 次の行動で決まっていることは、帰るギリギリのところで天気と相談して、大雪山の紅葉を見るために旭岳の姿見の池の辺りを散策すること。これ以外のことは何も考えていない。
 このため、本日はここへ近づくように丸瀬布(まるせっぷ)の辺りにまで移動することを計画していた。しかし、網走地方の天気が思っていたほど悪くなかったこと、ここ当分は雨が続く予報が出ていることなどを総合的に勘案して、本日はここを動かないことに決める。
 とはいっても、何もすることがない。何時、雨が降るか分からないので、パークゴルフもカッパを着る覚悟がなければならず、これまでしてやるほどのことでもないので除外である。
 手元にあったパンフレットを眺めていると、『あばしりフロックス公園』というのと、『女満別朝日(斜里岳を望む道)』という2つがあった。何れも、初めて聞く所で、少し興味が湧いてきた。
 前者は、フロックスという花がウリらしいが、花期が7月下旬から9月上旬ということなので遅いかもしれないが行ってみる価値はあると思った。
 また、後者は黒澤明監督の映画の撮影の現場になった所で、上下に大きく波打つ道路の先に斜里岳が見えているという風景らしく、前者よりもこちらのほうがより惹かれるものがあった。
 先ず本日の手始めに、フロックス公園に出かけてみた。
 ここはカーナビの案内がなくては行けないような場所にあった。最後は未舗装の砂利道を10分ほど走って到着したが、やはり花は終わっていて単なる畑と化していた。
 次の場所は道路であり、探し出せるか否か自信はなかったが、目印の朝日公園を目指した。公園に到着前、とある十字路で何気なく左を見るとパンフレットの写真の光景が広がっていた。たまたま通った道筋にあったという偶然の産物ではあるが、いとも簡単に見つかった。ただし、この天気である。斜里岳は望むすべもなかった。でも、機会があれば、もう1度、訪れても良いと思ったが、果たして、この希望が叶えられるだろうか。
 このあと、朝日公園にも立ち寄ったが、このとき、雨が降り始めて、ここは少しだけ残っていたヒマワリを撮っただけ、事実上、素通りと変わらない状態になった。
 このあと、一度、女満別の道の駅まで戻り、『さて、これからどうしよう」と相談するが、見るべき所は殆ど見尽くしているため、いい案が浮かぶことはなく、取り敢えず、網走まで出ることにする。
 網走の道の駅でパンフレットを眺めていると、面白いものを見つける。
 『工場見学へいらっしゃいませんか』と題するもので、小規模ながらこ綺麗な時計台付きの工場の写真が載っていた。これによると、見学内容は係員が案内してくれ、作業の見学ができ、ほかに製品の製造工程のVTRの紹介、製品の試食もあるとのことだ。これは地元特産のジャガイモを使った菓子メーカーの宣伝の一環のものらしい。
 普段なら行く気にもならなかっただろうが、何分、暇を持て余しているときだったので、直ぐに飛びつき、午後から見学することになった。
 空いた時間は、食料品とその他の不足したものの買い物をして時間を費やすことにした。
 この工場は、小清水原生花園の近くにあるらしいので、網走から2、30Kmは走らねばならない。だが、北海道ではこれくらいの移動は短い部類ということもあって、ここまで行くことにあまり抵抗は感じないようになっている。
 工場正面の駐車場に車を停めて玄関を入ると、左手に売店があったが、受付がない。仕方がないので、売店の店員にパンフレットを差し示して工場見学にきた旨を告げる。すると、彼女は「そこの3つの窓から作業場が見えるので、自由に見ていってください」という。3つの窓とは、10mにも満たない幅の区間を3つに区切って中の作業工程を見せる仕掛けになっているが、何もそばに近寄らなくてもここからでも全てが見回せる。中では専用ロボットが製品の箱詰めを行う行程のようである。あまりの素っ気なさに「これだけですか」と尋ねると、「はい、それだけです」と実にあっけらかんとした答えであった。まるで詐欺にあったようなものだが、騙された私が悪いと思って諦めるより仕方がなかった。
 網走に戻るが、まだ、時間は早い。仕方がないので、能取岬に行ってみることにする。
 能取岬は、昨日の能取湖の湖畔の一部がオホーツク海に突き出している岬で、灯台もあるが、特に見るような所もないので、これまでに1度訪れただけで、今回が2度目になる。
 ここに到着する少し前から雨が降り出したので、これが小止みになるまで待って写真撮影を済ませただけで帰ることになる。
 本日の走行距離は128Km。累積走行距離は9794Kmになった。
0 09_08
  《網走名所の1つ、二つ岩》

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/1040-83acdcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

動くに動けず女満別に «  | BLOG TOP |  » サンゴソウは雨で遅れ

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (415)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する