topimage

2017-10

終日パークゴルフ三昧 - 2016.08.23 Tue

8月23日、晴れ。

 昨夜、台風11号は北海道に上陸したが、このときには既に温帯低気圧になっていたので、強い風は吹かなかった。そこそこ雨は降った模様ながら、夜のことでもあり、私たちにはあまり影響はなかった。
 忠類の道の駅で朝を迎えるが、雨は上がっていた。だが、全天は黒い雲に覆われていて、これが終日続くかと思うとあまり良い気分ではなかった。
 しかし、朝食を摂っていた8時過ぎには、雲の一角が空くと、その部分だけが抜けるような青空になった。そのうちに朝方は真っ黒な雲であったものが、何時の間にか白っぽい色に変わり、どんどんと青空部分が増えていった。そして、全天が青空に変わって所々に白い雲が残っているという具合、絵に描いたような台風一過になった。
 忠類は、ナウマン象の化石が発掘された地として有名らしいが、私たちとしては、ここは初めてパークゴルフのクラブを握った思い出の地である。
 ここには、9ホールが2コース、計18ホールのチャンピオンコースと、同じく計18ホールのファミリーコースという2つのパークゴルフ場が、道の駅に隣接してある。
 前者は名前が表すように上級者向けで、フェアウェイとラフの芝の長さが異なる上に距離が長く、かつ起伏があってスコアーをまとめることが難しいコースである。
 後者はフェアウェイとラフの区別のない平刈りのコースで距離も短い。また、所々にバンカーや小山がある程度で、前者に比べると優しいきらいがある。また、距離が短いので疲れないのがいい。
 このように2つのコースは、各々、違った趣があり、そのときの気分とか、体調によってどちらかのコースを選んでプレーができるように作られている。
 同じような高齢者向けのスポーツとして、このパークゴルフの他にゲートボールとグランドゴルフがある。最も歴史が古いのがゲートボールである。次に、これを参考にして考案されたのがグランドゴルフ。これは島根県だか、鳥取県だかが発祥の地らしい。そしてパークゴルフが考案される。これは、この北海道の幕別町の役場職員が、町民の娯楽および健康維持を目的に手軽にできるスポーツはないかと思案の末に考え出されたと聞いている。
 ちなみに、忠類というのは、昔は忠類村であったものが、町村合併によって今は幕別町忠類になった。したがって、忠類はパークゴルフ発祥の地にあるといってもいい。
 グランドゴルフとパークゴルフの違いは、前者が土の上で行うのに対して後者は芝生の上で行うこと。また、前者はコースを自分たちでその都度、その都度で変更することができるが、後者は固定したコースで行うことなどが、両者の違いとして顕著なものだと思う。
 今ではこのくらいの知識は持っているが、私が初めてパークゴルフなるものに手を染めた2年前には何の知識もなく、ゴルフもやったことはなかったのでクラブを握るのも初めてなら、ボールを見るのさえ始めてであった。
 このまったくの初心者の私が、最初にプレーしたのが、ここのチャンピオンコースであった。これでも分かるように、回り終わるまでに時間がかかるだけで初心者を含めて誰でもやってできないことがないのがパークゴルフで、これがまた楽しい。要するに、この競技は、上手は上手なりに、下手は下手なりに楽しむことができるので、高齢者向けのスポーツだといえる。
 閑話休題。私が「やろう」と姫君を誘うと、「やるの……」と彼女は私の顔を覗き込む。前回、自分自身のあまりの不甲斐なさに腹を立てて、「もう、2度とやらない」とパークゴルフとの断絶宣言をしたことをからかっていることは分かったが、「もう、怒らないから……、やろうよ」と頼み込む。
 最初に行ったのが、思い出深いチャンピオンコース。だが、ここでは2人とも大叩きすることになる。何分、数時間前まで大雨が降っていたのだから当然といえば当然だが、芝はタップリと水を含んでいてボールがまったく転がらない。『コンチクショウ』と力を入れると飛びすぎるという具合だ。こんな状態で2回り、36ホールを回ると2人ともにクタクタになってしまう。
 休憩をしていて、「向こうでやろうか」とファミリーコースでのプレーに誘うと、彼女も一も二もなく賛成する。ここは短いので体力的に楽であるので、多いに楽しむことができるので、お昼までここにいた。
 午後からも再びパークゴルフ。初めにチャンピオンコースを回り、次にファミリーコースへ。ここで福岡からきたという松ちゃん夫妻と出会い、一緒に回ることになる。
 彼らは私たちよりだいぶ年長である。私が彼らの年になって車旅で北海道にこられるかどうか、多分、ダメであろう。それどころか、それまで生きていられるかが、むしろ問題だ。その彼らが北海道式の本格的なクラブさばきで私たちより上手であった。それでも、あまり恥はかきたくないので心してプレーした結果、赤っ恥だけは免れた。でも、1ホールで2度のOBという大叩きもあったが……。
 こうして、ゴルフ三昧で1日が終わった。
 本日は道の駅と隣のパークゴルフ場への往復と、コンビニへの買い物に往復しただけで、走行距離は2Kmのみ。そして累積走行距離は8134Kmと殆ど変わらなかった。
0 08_23
  《夕焼けを見るのも久しぶりだった》

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/1024-5e64face
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2度目の花畑牧場観光 «  | BLOG TOP |  » 氷河期の生残りに合う

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (18)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する