topimage

2017-10

ひまわり畑の巨大迷路 - 2016.08.12 Fri

8月12日、晴れ。

 本別の運動公園の朝は、清々しい空気に覆われ、アルプスの朝のように気持ちの良いものだった。日中は太陽がジリジリと照りつけていたが、見た目ほど暑くはなかった。空を見上げると、入道雲などの夏の雲は見当たらず、ウロコ雲のような薄い感じの雲に変わっていた。
 昨日から歯の調子が思わしくない。歯といっても、自分の歯のことではなく、あとから加わった人工のほうである。舌先に引っかかって、ここを傷付けたようで痛くて辛抱ができず、これを直さないことには食事も美味しく摂ることができない。
 このため、本日の一番目の仕事は、この歯の治療を行うことだ。
 ネットで調べると、本別には3軒の歯医者があった。このうち、2軒はホームページがあったが、1軒はこれがなかった。ということは、この1軒が年寄りの医者がやっていると推定がつくので、ここへ行くことにした。
 たが、診療が始まるのは9時からで、それまで時間はたっぷりとある。
 この待ち時間にパークゴルフをすることになり、結局、4ゲーム、36ホールを行う。すると、9時を大幅に過ぎていて、慌ててカーナビを頼りに歯医者に行く。
 医者を探すことといい、見知らぬ歯医者を訪ねることといい、こうしたネットなり、何なりのITの助けを借りると、昔では考えられないくらいに便利になっている。私には知識がなく、何があるかさえも分からないが、まだまだ、これ以上に便利になっていると思うと、何だか違う世界で生きているかのようにも思える。
 私は歯医者をヨボヨボの老人だと想像していたが、それよりは若かった。でも、初老の域に入った歯科医師であった。彼の仕事ぶりは、私のみる限りでは丁寧な仕事をするように見受けられた。
 診察までの待ち時間を含めると都合2時間以上がかかったが、綺麗に直してくれ、口の中の異常はなくなっていた。
 終わったとき、既に12時に近くなっていたので、道の駅に立ち寄って食事をし、ひと休みをする。
 午後からは、道の駅に置いてあったパンフレットで知った『3000坪のひまわり迷路』に行ってみる。
 北海道で最も有名なものは北竜町のそれである。先月、ここへ訪れたが生育が遅れていて満足な花は咲いていなかった。このため、今年、ひまわりを見るのはここが始めてで、どんなものかという興味があった。
 街の中心部から10Kmくらい離れた場所に、これがあった。
 到着してみると、かって1度だけだが、ここへ来たことがあることを思い出した。
 私の記憶では、ひまわり畑の迷路は北竜ともう1ヶ所に行ったはずだが、この場所についての記憶はなかった。それがここだったのだ。そのときの記憶では、ここの迷路は地図がなくて、なかなか出口にたどり着けなかったという記憶が残っている。果たして、今年はどうなるだろうと思いつつ、迷路に入っていった。
 天気が良いためか、青空にひまわりの黄色と緑がよく映えていたが、惜しいかな、花の生育が不揃いで、一面が真っ黄色となっていなかったのは残念だった。あとで係りの人に尋ねると、6月の長雨でひまわりの生育が悪くてこのようなことになったとのことだった。
 迷路に入って、直ぐに大まかな構造は理解でき、出口への道も漠然とではあったが分かった。このため、安心してスポット、スポットに隠されたスタンプを押す遊びに熱中することができた。
 ここの迷路で遊ぶ人は子供が半数以上。残りが親や祖父母、若い男女で、私たちのような年齢の者でスタンプゲームに参加しているのは見当たらなかった。
 スタンプの置いてある場所はなかなか分からず、分からないので余計に探すことに熱中できる。
 とある場所で、姫君がスタンプの置いてある場所の近くに、ある目印が付いていることを発見した。私も、これがあることには気が付いていた。しかし、この目印とスタンプのある場所とに相関性があることまでは分からずに、ただひたすらに体力を消耗させて歩くのみであった。この姫君の発見で、場所を探すのも楽になり、見事、全ての場所のスタンプを集めることができた。
 この後、運動公園に戻ってパークゴルフを行うが、午前中の互角の勝負から、これまでどおりの私のボロ負けパターンに戻っていた。
 ひまわり迷路の秘密の場所探しといい、このパークゴルフといい、私の完敗である。認めたくはないが、私の頭が悪いことを認めざるを得ないことを悟らされた1日でもあった。
 本日の走行距離は30Km。累積走行距離は6912Kmになった。
0 08_12
  《花の育ちにバラつきがあってイマイチだったひまわり畑》

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yore4040.blog24.fc2.com/tb.php/1011-af3c63b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最も好きな温泉に入る «  | BLOG TOP |  » 絶好の寝ぐらを見付る

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (0)
2017 北海道 (19)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する