topimage

2017-05

奇形チゴユリに初対面 - 2017.05.23 Tue

 5月14日と15日の両日、下呂温泉で泊まりの大雁時代の有志11名で同窓会が行われ、私も出席した。
 折角、ここまで出かけてきたので、姫君と会が終わってから合流して、その足で新穂高温泉、美ヶ原で遊ぶ。
 帰りには木曽町(旧・木曽福島町)の城山(じょうやま)で花探索を行う。
 この山は、木曽福島のシンボル的存在の山で、この周辺には何本もの自然遊歩道が整備されていて市民の手ごろな憩いの場所になっている。
 それよりも、この山は花の名所であることが私を惹きつけ、ここを知ってからはほぼ毎年のように訪れている。
 このため、城山の頂上(1281m)まで登ったのは1回のみ、これ以外はこの山の周辺に敷設された城山自然歩道を歩いて花の探索を行うのを常としている。
 前夜、美ヶ原から直接にここまで走り、ここの道の駅に泊まったので、ユックリとここを出発、町の中心部にある公営駐車場に車を停める。
 ここから興禅寺の裏手にある遊歩道入口まで直ぐである。
 最初のとき、この入口近くでアメリカンスミレサイシンのミニ群生があったので、これを見るのを楽しみにしているが、これを見られたのは最初の1、2年だけで、以後、まったく見かけなくなっている。今年はどうだろうと、その辺りを丹念に探してみるが、1つのそれも見ることはなかった。
 これは幸先が悪いと悲観しかけたが、そんなことはなかった。
 遊歩道を歩き始めて最初に出合ったのはユキザサであった。この辺りでは蕾が多く、時期が少し早いかと思っていたが、歩いていくにしたがって花を開いたものが多くなり、この花にとっては今が最盛期であったことを知らされることになる。
2017_05_18 チゴユリ7699
 次いで、ニリンソウのミニ群生地にやってきた。だが、これは少し時期が遅かったのか、終わりかけている感が強く、あまり形の良いのには巡り合わず、これに関しては1枚の写真も撮ることはなかった。
 だが、これを残念がる必要はなかった。
 次に現れたのが、イカリソウだった。イカリソウは、鈴鹿の狗留尊山の麓の長楽寺の周辺で見ているが、今年はここには咲いていなかった。このため、ここで見るのが最初であったので、これまた、丹念に撮影する。
 収穫は、これだけではなかった。
 これまた、今年は初見となるチゴユリも、この道筋の所々に顔を出し、これも私たちを喜ばしてくれた。
 とある場所で、姫君が大きな声で呼びかけてきた。「ねぇ、ねぇ、2つも花を付けたのがあるわよ」と……。私は、チゴユリは1つの花を付けるものだと思い込んでいたので、にわかには信じ難く、「本当か?」と疑いを隠さず、姫君のカメラのレンズの先を覗き込む。すると、2つというのは本当だった。
 これには大喜びで、失敗してなるものかと丁寧に撮影した。これだけでも、本日、ここへきただけのことはあったと大いに興奮する。
 しかし、興奮はこれだけでは終わらなかった。
 今度は3つの花を付けるチゴユリが見付かったのだ。この発見も姫君だったので、私が声を大にしていうのも少し気が引けるが、1日で変わり種を2つも発見するとは何という幸運かと有頂天であった。
2017_05_18 チゴユリ7812


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する