topimage

2011-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北の花・その5 - 2011.09.22 Thu

キンコウカ
 7月16日、八甲田山への登山ルートは、時計回りコース、すなわち毛無岱~頂上~仙人岱の周回コースを採った。
 酸ヶ湯(すかゆ)の登山口から1時間弱も歩くと湿原にやってきた。ここで真っ先に目の中に飛び込んできたのは、キンコウカである。
 キンコウカは、山歩きしていると、比較的、あちらこちらで見かけるので、あまりありがたみを感じさせない。このため、見かけても写真に撮ることをしないこともあるのだが、この日に最初に見た花なので、丁寧に何枚も写した。
 この花を最初に見たときの記憶は、ハッキリと残っている。
 鈴鹿の御在所岳に登ったときのことだ。本谷の源頭部に近い所で黄色の花が固まって咲いていた。黄色い細い花びらが、頭上から陽の光を浴びてキラキラと輝いていたので強く印象に残ったようだ。もちろん、このとき、この花の名前は知らなかったが、誰かに教えてもらって知った。キンコウカという名前は、物覚えの悪い私でもどうしたわけだか覚え易く、以後忘れることはなかった。
 今般の東北の百名山の旅でも、あちらこちらの湿原で見ている。この中で、最も密に群生していたのは月山の弥陀ヶ原であったが、これは撮影に失敗したので、鳥海高原のものを紹介しておく。

キンコウカ①

キンコウカ②
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

アクセス数

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

登山 (147)
山野草 (417)
雑文 (139)
未分類 (14)
お知らせ (6)
案内 (2)
百名山 (22)
花旅 (75)
旅行 (29)
2014 北の大地花旅 (86)
2016・北海道 (83)
2016・北海道 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。